エレン・デジェネレスは同性愛者であることをカミングアウトすることでキャリアが終わると思っていたそうだ。

 

そのことを口にするつもりはなかった

 

1997年にレズビアンであることを告白した人気司会者のエレンは、当時出演していたシットコム『エレン』の中で演じていたキャラクターがレズビアンであることをカミングアウトしたエピソードで記録的な視聴率を打ち出したこともあるが、実際には同性愛者であることを告白することで仕事にいかに影響が出るかについてあまりにも心配していたため、そのことを口にするつもりはなかったのだそうだ。「カミングアウトをするつもりはなかったわ。まさか番組内でカミングアウトするなんて思ってもいなかったわね」

現在ではポーシャ・デ・ロッシを妻に持つエレンはカリフォルニアにあるエサレン研究所で潜在意識の考え方を変えるコースを取ったことで、カミングアウトすることが正しいことだと悟ったというエピソードを今後放送予定の『オプラズ・マスター・クラス』で明かしている。「すごく怖かったし、クレイジーなことだと思ったわ。だって自分に言い聞かせていたことっていうのは『まだ有名でいられるかしら?私がレズでもみんなまだ好きでいてくれるかしら?』ってことだからね。でも誰かに好かれるために他人のフリはもうしたくなかったのよ」とエレンは当時の胸中を語った。

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written&Photo by bangshowbiaz

エンタメ】の最新記事
  • ネガティブなイケメンモデル栗原類が根暗なのに好感度が高い理由
  • 60億円稼いだトム・クルーズに学ぶ、慰謝料を安く抑える方法
  • 怖いけど興味深い……幽体離脱は科学的に体験できることが発覚!
  • Netflixで配信中!『REA(L)OVE』から見る過去と上手に付き合って恋愛する方法
  • 週末は渋谷で女子会!JOYSOUND×Netflixのコラボルームがオープン
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」最終回ドラマレビュー
  • 胸くそ悪いけど、なぜか癖になる…後味悪い結末が待つ映画3選!
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第九回ドラマレビュー