エレン・デジェネレスは同性愛者であることをカミングアウトすることでキャリアが終わると思っていたそうだ。

 

そのことを口にするつもりはなかった

 

1997年にレズビアンであることを告白した人気司会者のエレンは、当時出演していたシットコム『エレン』の中で演じていたキャラクターがレズビアンであることをカミングアウトしたエピソードで記録的な視聴率を打ち出したこともあるが、実際には同性愛者であることを告白することで仕事にいかに影響が出るかについてあまりにも心配していたため、そのことを口にするつもりはなかったのだそうだ。「カミングアウトをするつもりはなかったわ。まさか番組内でカミングアウトするなんて思ってもいなかったわね」

現在ではポーシャ・デ・ロッシを妻に持つエレンはカリフォルニアにあるエサレン研究所で潜在意識の考え方を変えるコースを取ったことで、カミングアウトすることが正しいことだと悟ったというエピソードを今後放送予定の『オプラズ・マスター・クラス』で明かしている。「すごく怖かったし、クレイジーなことだと思ったわ。だって自分に言い聞かせていたことっていうのは『まだ有名でいられるかしら?私がレズでもみんなまだ好きでいてくれるかしら?』ってことだからね。でも誰かに好かれるために他人のフリはもうしたくなかったのよ」とエレンは当時の胸中を語った。Written&Photo by bangshowbiaz

エンタメ】の最新記事
  • 芸能界でも話題! リピーター続出の「ウラナ」って何?
  • これさえあれば夜は満足♪イケメンに襲われ放題の無料マンガ特集
  • ドン引く?笑える?男子の自慰行為へのあくなき探究心4選
  • ゴックン!女性が使うとオトコが喜ぶイヤらしい「擬音」10選
  • 見抜かれてる!SNSの使い方で警戒されるのはこんなオンナ4選
  • ガキ使よりも紅白!?正月の話題に見るオバサン度チェック!
  • 「プリキュアダンス」で感動!?芸人・前田健の知られざる才能
  • 男の人生を変える?ロックンローラー・矢沢永吉の影に内助
あなたへのおすすめ