ケイト・ウィンスレット(40)は自分の写真が修正されるのが嫌いだそうだ。

 

若い世代の女性達への責任

 

ケイトは一定の見かけのために出版側が写真に修正を入れることにとても苛立ちを感じるそうで、自身に若い世代の女性達への責任があると感じていることから、ある広告キャンペーンにおいては会社側に修正を禁止したこともあるという。ケイトはE!ニュースに「私は自分のことについてしか言わないし、自分にとって重要なことしかするつもりはないわ。そして他の人も同じようにしてくれることを願うけど、私は若い世代の女性達への責任感があると感じているから自分にとってとても重要なことだと思うの」「みんな人は雑誌を見て、それぞれの分野で成功を収めた尊敬する女性たちを見たいと思うし、私はその世代の人たちにありのままの私を伝えたいわ。だって力強いリーダーが必要でしょ。力強い若い女性たちを育てる責任が私達全員にはあるのだから、こういうことって私にはとても重要なの」と語った。

そんなケイトは以前、ハイになったように見えるくらいならよっぽど老けて見えたほうが良いとも発言しており、「けっこう目立つしわがあるの。それで映画のポスターを見る時にはとくにそこについて『あなたたち私のおでこに修正入れたわね。元に戻してくれる?』って言うの」「だって女性達に『彼女ってハイになってるわね』って言われるよりも『彼女って老けて見えるわね』って言われる方がマシだもの」と話していた。Written&Photo by bangshowbiaz

エンタメ】の最新記事
  • 芸能界でも話題! リピーター続出の「ウラナ」って何?
  • これさえあれば夜は満足♪イケメンに襲われ放題の無料マンガ特集
  • ドン引く?笑える?男子の自慰行為へのあくなき探究心4選
  • ゴックン!女性が使うとオトコが喜ぶイヤらしい「擬音」10選
  • 見抜かれてる!SNSの使い方で警戒されるのはこんなオンナ4選
  • ガキ使よりも紅白!?正月の話題に見るオバサン度チェック!
  • 「プリキュアダンス」で感動!?芸人・前田健の知られざる才能
  • 男の人生を変える?ロックンローラー・矢沢永吉の影に内助
あなたへのおすすめ