シングルスバーは出会いの場ではなく、格安キャバクラなのか問題

学校や会社の往復だけで出会いがない! と嘆いている女子のみなさん。
出会いがない? そんなことはありません。
今ほど手軽に出会える時代ってないんじゃないでしょうか。

 

「婚活ブーム」の到来により、あらゆる企業が出会い市場に参入し、マッチングアプリや相席居酒屋、街コンなど、ひと昔前までなかったサービスが次々とでき上がっています。

今回は、シングルスバーは出会いの場所になるか否か! について解説します。

 

シングルスバーとは

 

まずは、シングルスバートはなんなのか、ということについて解説します。

 

独身の男女が集うバーで、基本女性は無料。男性が女性の飲み物を支払うシステムのバーです。飲めない女性はジュースなんかでもOKみたいです。基本的に食べ物は提供していませんが「女性に人気の○○のスイーツを提供」など、まれに食事もできるシングルスバーもあるようです。

 

25歳。商社受付・奈緒美のシングルスバー体験

 

さて、女性は基本無料、ということで、出会いを求める女性としてはありがたいですよね。でも実際にシングルスバーに来ている男性ってどんな人たちなんでしょう? 出会いの場としてアリなんでしょうか?

実際に、東京六本木にある『Singles Bar GREEN』に女友だちが行ってきたというので、話を聞いてみました。

シングルスバーに一人で行ったという猛者、友人の奈緒美(仮)は一流商社の受付嬢。職業からも分かるように、かわいいですしモテ系です。今でこそ同じ会社の爽やか商社マンと付き合っている彼女ですが、一年前は出会いを求めて奔走していたそう。

 

「テレビでシングルスバーの特集していて、来てる女の人がすごい綺麗だったんだよね。だから男性もそれなりの人が来ているのかと思って」と語る奈緒美。それは、男性を集客するためのサクラなんじゃ……と思いましたが、とにかく奈緒美は勇気を出して一人でシングルスバーGREENに突撃したそうです。

 

電話で予約をして、いざ六本木へ。女性はエントランスで1000円を支払うそうですが、飲み物代は男性が払ってくれるので、土地柄を考えてもかなりお安い値段です。客層は男性20代前半から40代前半。女性は20代前半~30代前半までが多かったとのこと。公式HPによると、年齢の上限は男女ともに45歳まで。

 

「2~3時間くらいいて、5~6人話したかな」。奈緒美はそこで、公認会計士・精神科医・教員・フリーランスのSEなど、さまざまな職種の男性と連絡先を交換したとのこと。
へぇ~! 出会いの場所としてアリじゃん! と思ったのですが……

 

関連キーワード
出会い】の最新記事
  • 今、あなたに引き寄せられている人物とは?
  • もうすぐあなたに訪れる「出会い」とその意味とは?
  • あなたがソウルメイトと出会うために乗り越えるべき「試練」
  • 今、あなたの恋人になる可能性が一番高いのは誰?
  • この先、夢中になれるような恋の相手が現れる?
  • 女性だけどナンパしてみたい! 逆ナンを成功させるための心得
  • 今、あなたに好意を寄せているのはどんな異性?
  • 今、あなたが彼氏を作るための運命のキーワード