今の時代、なるべく自然な出会いからの結婚が望ましいという価値観を抱いている人が多いようです。婚活アプリより飲み会(という名の合コン)、飲み会より大学時代のサークルの方が純粋な出会いと見なされやすい現状があります。

お見合いは、不自然な出会いの極致のように考えられており、「結婚するための最後の手段」のように考えている人が多いのですが、実際には、お見合いだからこそ得られるメリットもたくさんあります。

今回はお見合いのメリット・デメリットをご紹介していきます。

お見合いのメリット


まず、お見合いのメリットについてみていきましょう。

お見合いのメリット1 結婚願望のある人に出会える

結婚したいと考えて出会いを探しても、飲み会には必ずしも結婚願望がある人が参加しているとは限りません。婚活アプリやサイトもそうです。婚活とうたっていても、既婚者や遊び目的の人が紛れ込んでいる可能性は多いにあります。お見合いは、通常、親族の紹介、または結婚相談所などを通して行われるため、遊び目的の人に出会う危険性はありません。

お見合いのメリット2 身元がはっきりしている

お見合いでは、本人の勤めている企業だけでなく、どのような家に生まれたのかまで知ることができる場合もあります。身元がはっきりしているので、経済面で安心できます。結婚相手には年収○○○万円以上を求める、という場合にも、お見合いの場合事前に確認することができるので、希望外の人とデートをして時間を無駄にする心配もありません。


お見合いのデメリット


次に、お見合いのデメリットについてもみていきましょう。

お見合いのデメリット1 断りづらい

親族などが仲介しているお見合いの場合、相手の顔をつぶすことにもなりかねず、断りづらさを感じることもあります。

お見合いのデメリット2 お金がかかる場合がある

結婚相談所に登録してお見合いをする場合、登録料と毎月支払うお金を合わせると、数十万はかかると考えていいでしょう。結婚相談所によって料金体系は異なりますが、場合によっては一人紹介してもらうたびに数万円かかるケースもあります。

さいごに


今回はお見合いのメリット・デメリットについて解説してきました。

お見合いの出会いであろうとも、出会ったあとから恋愛することは可能です。お見合いは機械的な出会いではなく、結婚願望のある男女が真剣に出会いを探す貴重な機会なのです。

結婚相手を見つけたい、という場合、お見合いは効率的な方法です。親族からお見合い話を持ちかけられたら、「断るのが面倒だから」「親戚から結婚相手を斡旋してもらうなんて恥ずかしい」と考えることなく、気軽に引き受けてみるのもいいかもしれません。

結婚相談所への登録も、身元のしっかりした結婚願望のある男女と出会えるという点ではメリットはあります。ただし、高額を支払ったけれど、結果が得られなかった、という場合も多いので、リスクがあるということは充分に認識しておきましょう。

(今来 今/ライター)

■女性が「マッチングアプリから付き合ってよかったな」と思ったワケ
■タロット占い|今度、お見合いする人はいい人?
■最高の恋人にはなるけれど、結婚相手にはならない男性の特徴

関連キーワード
出会い】の最新記事
  • 恋愛に失敗しないために! 理想の男性像を自己分析する方法
  • マッチングアプリにあったらいいプロフ項目は「性癖」
  • マッチングアプリで出会った人と「会うのが怖い」を解決する方法5つ
  • SNSの恐怖!粘着質な元カノのストーカー行為5選
  • 【実録】スタンディングバーではどんな男性に出会える?
  • 受け身では味わえない感覚。女性からナンパするメリットって?
  • 【マッチングアプリ使用前にチェック!】意外と知らないリスクって?
  • 相席屋での出会いってアリ?メリットとデメリット