こんにちは、沙木貴咲です。「いいね」をたくさんもらうより、自分に合った男性とだけ出会いたいと思いませんか? 好みのタイプが限定している、マニアックな趣味を持つ、仕事がカレンダー通りの休みじゃないなど、誰でもウェルカム! じゃない場合は、あえて非モテスタイルをつらぬくと良さそうです!

 

たくさん「いいね」をもらっても彼氏候補がいない悲劇

 

マッチングアプリでは、いかに「いいね」をたくさんもらうかが重要と力説されがちですが、幅広くモテることが無意味な人もいます。たとえば……

 

男性が基本的に苦手で、俺様系や体育会系はムリ。カフェでごはん食べながら、気楽におしゃべりできるような彼氏が理想的。

 

いわゆるオタクなので、同人誌制作やコスプレ活動を容認してくれる彼氏がいい。

(あるいは、一緒に活動してくれる彼氏でも可)

 

サービス業なので平日しか休めない。しかもサブカル好きで、話が合う男性じゃないと付き合う気が起きない。

 

……あくまで一例ですが、「彼氏は欲しいけど、誰でもいいわけじゃない」という女性は少なくないはず。

自分がビビッとくるタイプじゃなければ、メッセージのやり取りすらする気がしない場合、何百と「いいね」をもらっても全然うれしくないでしょう。

 

マッチングアプリは、どれだけモテるかではなく、たった一人の彼氏を見つけなければ意味がないのです。

 


モテ視点を排除して、尖った個性をアピール

 

ピンポイントで「こういう男性しか興味ありません」というスタンスの場合、モテる必要はないので、『恋活アプリでモテる写真の撮り方』などのハウツー記事は見なくてもOK

そういった記事に書かれてあることとは真逆を行くのが良いと思います。

 

写真は、自分の趣味がわかるようなものにするとか(コスプレをするなら、コスプレ写真でも良いかと)、好きなアーティストや映画をリスペクトしたポーズを取る(わかる人にはわかる)など、万人受けしないものが良さそう。

 

自己紹介文では、自分のこだわりを隠さずオープンにすべて書きます。

 

また、「こういう人はムリ」という絶対的なNG項目は挙げたほうが安全でしょう。過去の恋の失敗など、ネガティブなことを書く必要はありませんが、排除したい男性のタイプは自己紹介に書いたおいたほうが安全です。

 

マッチングしても、モテようとしない

 

マッチングしてメッセージのやり取りが始まっても、相手に気に入ってもらおうと頑張らなくて大丈夫。自分のこだわりや恋愛観を伝えて、それでも興味を持ってくれるかを、さりげなく探ります。

 

ただし、相手を試すような口調や、脅し口調で突き放す必要はありません。

基本的には礼儀正しく、普通のテンションでやり取りすると良いでしょう。

 

初デートは、男性にお店選びをお任せしても良いですし、「聖地と呼ばれるお店があるんです。そこでぜひ!」「好きなバンドが生演奏するバーがあるので、一緒にどうですか?」と、自分から誘っても良いのかも。

 


特定のジャンルでモテることを目指す

 

マッチングアプリに限りませんが、モテにもいろいろあって、広くたくさんの人から好かれる王道のモテと、特定のジャンルで『姫』扱いされるマニアックモテがあります。

 

変わった趣味やオタク気質を持った女性は、自分がこだわりを持つ分野で人気を集めやすく、知識の豊富さや好きなものへの愛情の深さなどが、男性には最大の魅力と見なされます。

 

マッチングアプリでも、同様の状態を自分で作ることで、好みのタイプだけを『一本釣り』できるでしょう。使い方次第では、結婚相談所や友だちの紹介より、簡単に理想の彼氏を見つけられるかもしれません。

 

(沙木貴咲/ライター)
 
■マッチングアプリ での初デート。OK・NGの話題とは?
■マッチングアプリで出会う方法!「写真」ですべてが決まる
■マッチングアプリで会ったらダメな男ランキングTOP5
 

関連キーワード
出会い】の最新記事
  • 「結婚したいのに、出会いがなくて焦る」人へ
  • 恋したい気持ちになれない……。そんなときに女性陣が実践していたこと
  • 遊び人には捕まりたくない!本気男子とマッチングするためには?
  • 春だからこそあり得る“恋の落ち方” 新しい恋を捕まえよう!
  • お花見で「思いがけない出会いを引き寄せる」5つの方法 
  • 意外と好条件!?ナンパから始まる恋
  • マッチングアプリにおける「写真」がなぜ死ぬほど大事なのか?
  • 【実録】国際結婚したカップルはどこで出会っているの?