マッチングアプリに登録はしているものの、いつまで経ってもなかなかいい出会いに恵まれない。
 
そういった女性は、どこに原因があるのかを、ちゃんと知っておいたほうがいいでしょう。
 
そこで今回は、マッチングアプリでなかなか「出会えない女性」の特徴を紹介します。
 

「相手選び」が悪い

 

「なんかよくわからないまま変な男ばっかりを選んで嫌になっちゃったことがあります。ある程度、どういう男性がいいのかは、絞っておいたほうがいい気がします」(20代・女性・アパレル)
 
なかなか出会えないときには、相手の選び方が自分に合っていないのかも。
 
自分が求める男性像と男性が求める女性像がうまく噛み合わないと、上手にマッチングはしないでしょう。
 
自分の好みかどうかだけではなく、相手が求めている条件もちゃんとチェックするようにすると、出会いやすくはなっていきますよ。

写真を「加工しすぎている」

 

「プロフィール写真が加工しまくりのものを使っている女性は、その段階でパスします。実際のところどういう女性なのか、まったくわからないですからね」(30代・男性・不動産)
 
最近はSNSなどに加工をしまくった写真を載せるのも当たり前になってきています。
 
とはいえ、マッチングアプリでもそれをやってしまうと、男性からは敬遠されるだけ。
 
マッチングアプリでは、プロフィール写真はかなり重要なポイントになるので、原型がわからないほど加工した顔写真を使うのはさすがにNGですよ。
 

「自己紹介」が雑すぎる

 

「プロフィールがほとんど書かれていなかったりすると、怖いから無理です。情報がなさすぎて、どうやって接したらいいのかもわからないですね」(20代・男性・エンジニア)
 
自己紹介のメッセージは、どういった人なのかを判断するとても大事な部分。

だからこそ、自己紹介が適当だったり雑だったりすると、よくわからなくて興味も持たれにくいです。
 
下手をすると、「業者の人なのかな?」とか「仕込みなのかな?」などとも思われかねないので、ある程度はきちんと書き込むようにするべきですよ。

「求める条件」のハードルが高い

 

「ものすごく条件のレベルが高かったら、諦めるしかないです。僕ではとてもじゃないけど無理だなって気持ちにしかならないですね」(20代・男性・映像制作)
 
年収や学歴、ルックス、結婚に対する考え方など、条件のハードルを上げすぎると、それに見合う男性を見つけるのは難しくなります。
 
男性としても、条件があまりにも多いと、「なんかこの子は面倒だな」と感じるもの。
 
本当に求めているポイントをいくつか絞って、許容範囲を少しずつ広げるようにすると、出会える確率も大きく変わってくるでしょう。
 

さいごに

 

今回紹介したポイントに当てはまるものがある女性は、それが出会いにくい原因になっているのかも。
 
改善できるものは改善していくようにすれば、きっと少しずつ変化も起こることでしょう。
 
(山田周平/ライター)
 
■騙されたくない!マッチングアプリで「ちゃんとした人」を見抜くコツ
■マッチングアプリで結婚しました!数百人の男性に会った女
■マッチングアプリにあったらいいプロフ項目は「性癖」

出会い】の最新記事
  • マッチングアプリでなかなか「出会えない女性」の特徴
  • マッチングアプリで高スペック男性と出逢う方法って、ほんとにあるのか?
  • 「友達の紹介」は意外と難しいの?
  • 「社会人になってから出会いが無い」女子に試してほしい出会い方
  • 「いい人がいれば付き合いたい」と思ってマッチングアプリに手を出した結果
  • 恋愛も婚活もリモートで済ませる、リモ活の弊害とは?
  • マッチングアプリで出会った男性と勢いで付き合ったら――確かめたいチェックポイント
  • 要注意!マッチングアプリで「遊ばれてしまう女性」のプロフィールとは?