マッチングアプリ には、素敵な男女もたくさんいると同時に、人によっては「ヤバイ」と感じる男女もたくさん登録しています。
 
今回は、20代の男性に聞いた、「マッチングアプリ で出会ったヤバイ女性」をご紹介していきます。
 

マッチングアプリ で出会ったヤバイ女性1 自由な生き方と不労所得を熱弁

 
「写真がすごくタイプの子で、会えるのをすごく楽しみにしていました。実際に会ったら写真以上のかわいさでテンションが上がりましたね。でも、ご飯を食べてバーに移動したあと、彼女が突然、場所にとらわれず働く自由な生き方について語り始めたんです。不労所得の話も始まって、そこで、ぴんときました。彼女は、ネットワークビジネスの勧誘目的でアプリを使っているんだなって。彼女と会ったのはそれが最後です」(27歳・都庁勤務)
 

マッチングアプリ で出会ったヤバイ女性2 元カレのネットストーカー

 
「元カレの話になったとき、その子が元カレのインスタやツイッターをチェックするのをやめられないって言っていて、引きました。そんなに元カレに未練がある子と会っていても仕方ないと思ったので、2回目はありませんでした」(21歳・学生)

マッチングアプリ で出会ったヤバイ女性3 待ち伏せ

 
「マッチングアプリ で出会って一回だけうちに来た女性が、僕の誕生日にマンションの前でプレゼントを持って待っていたのには、かなりビビりました。だって僕、誕生日のこととか何も彼女に伝えていないんですよ。どこから知ったのか、とか色々怖かったです。彼女には本命の彼女がいることを正直に伝えて帰ってもらいました」(29歳・司法書士)
 

マッチングアプリ で出会ったヤバイ女性4 弁護士マニア

 
「アプリで出会って4〜5回デートしている女性がいて、正式に付き合おうか迷っていたとき、その女性が僕の友達ふたりとも会っていた、ということが発覚しました。僕の友達ふたりとも弁護士で、同時にアプリに登録したんです。3人とも、アプローチは彼女から。どうやら、彼女は弁護士と付き合いたい、と思っていただけで、僕と付き合いたいとは思っていなかったみたいなんです。ショックでしたが、早めに分かったのは不幸中の幸いでした」(28歳・弁護士)

マッチングアプリ で出会ったヤバイ女性5 写真と違う

 
「写真と全然違う女性が来て驚いたことがあります。写真より、横に2倍大きかったんです。最初はかなり引いてしまいましたが、話してみるとすごく気があったので、数回デートしました。付き合うことはなかったのですが、今では友達みたいな関係になっています」(25歳・パタンナー)
 

さいごに。マッチングアプリ でヤバイ女性にならないために

 
今回は、マッチングアプリ で出会ったヤバイ女性を紹介しました。
 
可愛い写真を載せたい、という気持ちは分かりますがあまりにも実物と違う写真を載せると、会ったときにがっかりされてしまう可能性もあるので注意が必要だと言えそうです。
 
また、恋活・婚活・飲み友探しを目的としたマッチングアプリ をそれ以外の目的で使用するのは、やめておいた方が良いでしょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■【マッチングアプリ 事件簿】恋愛工学信者・元上司に遭遇!
■遊び人には捕まりたくない!本気男子とマッチングするためには?
■銀座はナンパの聖地!?出会える場所はこんなにある
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

出会い】の最新記事
  • マッチングアプリにあったらいいプロフ項目は「性癖」
  • 【マッチングアプリ 事件簿】恋愛工学信者・元上司に遭遇!
  • 遊び人には捕まりたくない!本気男子とマッチングするためには?
  • こんな男性は要注意! 思い当たるなら近づくべからず
  • 「結婚したいと思える相手」に出会うための3つのステップ
  • ネットでの出会いの種類と成功させるためのヒント
  • 女性だけどナンパしてみたい! 逆ナンを成功させるための心得
  • 「友達の紹介」で運命の人に会える? 素敵な人に出会える可能性高し