まったくなにも情報がないまま出会い、そこから少しずつ相手を知って恋が始まるのがセオリーですが、これはかなりの労力が必要です。

あらかじめ、ある程度相手の情報が入っていたり、自分のことを知ってもらっていたりすれれば、進展も早い。ようするに友だちであれば、スムーズに話が進みます。ただしそのためには、つき合い方や関係性に工夫も必要です。

今回は、元No1.キャバ嬢で、男性心理に詳しいナナミ・ブルボンヌさんに「恋に発展させるための男友だちの増やし方」についてお聞きしました。

 

恋に発展させるための上手な「男友だち」の増やし方

 

■1:自分をよく知る男友だちから輪を広げる

「自分のことをよく知っている男友だちからの紹介であれば、まず信用ができます。さすがに、素性の知れないような相手を紹介してきたりはしないでしょう。

相手も、紹介してくれた男の手前もあり、変な対応はしてこないはずです。カラダだけを求めてくるようなことはありません。そのへんの警戒心がなく初めからつき合えるのは、とても楽です。恋に発展しやすい、良い環境からスタートできます」

■2:趣味から仲良くなる

「男女間において、共通の趣味があるというのはとても大きいです。話題が尽きないし、一緒に出かける口実にもなります。自然と距離も縮まっていきます。

もし自分から誘うのが苦手なタイプであれば、同じ趣味を持つコミュニティに属してしまいましょう。誰かが勝手に予定を立ててくれるので、それにのっかればいいだけ。同じ趣味で同じ行動をとっていれば、恋が芽生えるのは至極当然のことです」

■3:特定の人物だけと仲良くしない

「男友だちのなかにお目当ての男性がいたとしたら、その人とだけ仲良くしたいと思うのも仕方ありません。でも、そういった行動は、グループ内に波紋を呼びます。目当ての男性にも、気を使わせてしまうことになります。

輪を乱す危険因子とみなされてしまうと、グループからも排除されかねません。ここは気持ちを抑えて様子を見て、みんなと仲良くするようにしましょう。誰しも恋愛の話題は好きですから、そのうち周りが盛り立ててくれるはず。機が熟したら行動に移しましょう」

■4:隠しごとはせず恋愛についてオープンに語る

「ただの恋愛関係を求めるのであれば、多くを語らずミステリアスな部分を残しておくべきです。しかし、結束を深めるのであれば、オープンに語ることです。特に恋愛の話は隠しておきたいところもあるので、それを大っぴらにすると評価は高い。

分け隔てなく、誰にでも心を開くあなたに、多くの男性が関心を寄せます。それが初めは友情という感情であったとしても、恋愛感情に変わるのは時間の問題です」

■5:女友だちを大事にする

「よく、男友だちが多いことをアピールする女性がいます。しかし、そういう人に限って女友だちが少ない。本人は男っぽい性格だからと言うかもしれませんが、ようするにそれは女性として欠陥があるということ。

男性もそれは重々承知しています。欠陥のあるような女性と親しくしたいとは思いません。考えられるのは友だち関係まで。恋愛対象としては除外されてしまうでしょう。だから女友だちを大事にして、バランスをとるようにしてください」

いかがでしたか?

男友だちが増えれば、恋愛に発展する確率も高まりますが、ただ増やせばいいというものでもありません。一歩間違えば、かえって恋愛から遠ざかってしまう場合もあります。上記の点を意識して、自分のポジションを確立しつつ、男ともだちを増やしていきましょう。

【取材協力】
※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。

 

佐々木英造 バックナンバー

 

私の虜になりなさい!気になる彼の「夜のオカズ」になる方法
嫉妬も恋のスパイスに!男性を燃えさせる行動パターン
ヤリモク注意!エッチだけできればいいと思っている男の特徴
ヤダッ恥ずかしい!濡れすぎる女子の上手なごまかし方
最初が肝心!デートの待ち合わせで好感度を上げる方法
Written by 佐々木英造

出会い】の最新記事
  • 次、あなたが好きになるのはどんな人?
  • 「即アポ即エッチ」SNS時代で変わる男女のセックス観!
  • 一度きりの合コンやイベントで勝負しない! 効率良く彼氏を作る方法
  • 【隠れ既婚者多数】出会い系アプリTinderで出会ったイケメン男性がウケる
  • シングルスバーは出会いの場ではなく、格安キャバクラなのか問題
  • 気付いてますか?あなたのことが大好きな人。こんな外見をしています
  • 年上?年下?あなたの運命の人の「年齢」
  • 片思いの彼と、あなたが「出会った理由」
あなたへのおすすめ