年末年始、帰省などで友達の友達と出会ったりなど、意外と初めての人と会う機会が多いものです。人との出会いは大切にしたいものですよね。年齢とともに出会いが減るものですから、たとえ好みのタイプの男性でなくても、「いい人だな」「感じがいいな」と思って貰えたるのはもちろんのこと、それ以上の印象を残せたら嬉しいものですよね。ちょっとした心がけで印象を残せるなら、ぜひとも試してみたい! ここでは出会いを無駄にせず次につなげるためのアレコレをご紹介したいと思います。

 

ぐいぐい行くのは禁物

 

まず、基本的に「男は追いかけたい生き物」。ぐいぐい行くのは禁物です。初めて会ったのに性的なアプローチを仕掛けるのはやめましょう。まずは自分という人間に興味を持ってくれたら嬉しいな、という程度で。最近興味を持ったもの、心を動かされた出来事などを、わかりやすい言葉でまとめて話せるようにしておきましょう。ここで気をつけたいのは無難な感想ではなく、ひとひねりした言葉をいれること。それも自分の欠点を素直に認めたものを付け加えてみましょう。「あの映画に感動したんだけど、難しいことは正直わからなかった」など、弱みを出すことで親しみを持ってもらえます。先に弱みを出すのが大事です。そこからこの人なら気負わなくてすみそうだと思って貰えて「そういうことに興味があるの? それに関係した映画、もうすぐ上映するよね」などと次に繋がることがあります。

 

話すのと同じくらい聞く

 

言い尽くされたことですが、聞き上手は会話上手。まずは相手の話に耳を傾けましょう。とくに男性で話し方が下手な人は、上手に聞いてあげることで意外な程違う面を見せてくれることも。そうなると会話がスムーズに周り、相手にとってあなたの印象が強く残ります。とはいえ、会話を聞いてあげてその上連絡先までこちらから聞くのはガツガツしていると思われるのでやめておきましょう。言い方は悪いですが「会話はこちらが転がす」くらいに思って、あとは向こうの出方を待つくらいでちょうどいいものです。

 

笑顔は「目が合う前から」

 

目が合ってからニッコリするのでは遅すぎます。だって、ニッコリするまえの真顔の自分を見せてしまうからです。その前に口角をあげてニッコリする準備を常に心がける顔をしておきましょう。いわば「待機顔」。待機顔の作り方も鏡の前で練習しましょう。いつどこで見られているかわかりません。あからさまに笑顔を作っていると結構バレるものです。自然に笑顔に切り替えられるように頑張りましょう。
いい人だと思われても強い印象に残りません。自分の弱さをだすことで、「この人となら本音を出せるなと思ってもらえることが次に繋がるものです。そのためにも自分の中の自信のない部分をもう一度点検してみましょう。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

出会い】の最新記事
  • 「即アポ即エッチ」SNS時代で変わる男女のセックス観!
  • 一度きりの合コンやイベントで勝負しない! 効率良く彼氏を作る方法
  • 【隠れ既婚者多数】出会い系アプリTinderで出会ったイケメン男性がウケる
  • シングルスバーは出会いの場ではなく、格安キャバクラなのか問題
  • 気付いてますか?あなたのことが大好きな人。こんな外見をしています
  • 年上?年下?あなたの運命の人の「年齢」
  • 片思いの彼と、あなたが「出会った理由」
  • あなたに恋をしている異性の名前をズバリ!
あなたへのおすすめ