公開日:2014年2月5日
更新日:2018年10月3日


バレンタインデーには、いろんな戦略を練る人も多いはず。考えすぎて、寝ているときにバレンタインに関する夢を見ることがあるかもしれませんね。でも、現実が夢に反映されているとはかぎりません。バレンタインに関する夢について詳しく解説していきましょう。
 

好きな人にチョコを渡す夢は友情で終わる?

 
その1:好きな人にチョコレートを渡す夢
チョコレートは友情の象徴。好きな人にチョコレートを渡すのは、その恋が友情で終わることを暗示します。夢を見ている本人の想いを考慮すると、好きな人にチョコレートを渡すというのは、ありえない夢であり、友情というチョコレートの意味が反映されていると判断します。
 
ただし、チョコレートを渡す相手が父親や男性の友人であれば、その想いが通じることを予知します。父親や男性の友人は、好きな人の代役として夢の中によく登場し、お菓子は恋愛や特別な想いを象徴するものです。
つまり、父親や男性の友人は好きな人の代役であり、チョコレートはお菓子を象徴していると判断し「バレンタインデーに、好きな人への想いは通じる」と診断します。
 
好きな人の前で「好き」というのは照れるので、その気持ちが夢に反映され直接的な表現を避けていると考えてください。
 
『好きな人にチョコレートを渡そうとして拒否される』の場合は、友情ではないと好きな人が示していると判断できるので、これも想いが通じる夢となります。逆夢と呼ばれるたぐいの夢です。
 

関連キーワード
夢占い・夢診断】の最新記事
  • 夢にアイドルや俳優、タレントが出てきたらどんな意味があるの?
  • 幽霊、お化け…怖い夢だけど、実は縁起のいい夢
  • 【夢占い】夏の風物詩、お祭りに関する夢はあなたの非日常性!?
  • 幸せな夢なのに、別れを暗示する夢
  • あなたのタイプとは違う男性と結ばれるかもしれない夢
  • ストレス、プレッシャー、気疲れ…心の不調を訴える夢
  • 恋愛運上昇! 見逃してはいけない、あなたに恋の訪れを報せる夢!
  • 意味を知るとゾッとする【危険な夢占いワースト3】