永遠の愛を誓いあった夫婦でも、離婚することは今や珍しいことではありません。一生一緒にいると誓った二人が、なぜ離婚することになってしまうのでしょうか?

今回は、男女別離婚原因トップ10をご紹介します。
離婚原因をチェックして、円満なパートナーシップを維持するためのヒントを学びましょう。

離婚の原因は男女で違う。男女別離婚原因トップ10


今回は、司法統計をもとに、男女別離婚原因トップ10をご紹介いたします。(※1)
男女で離婚原因のランキングに差異があることに注目しましょう。


女性の離婚の原因トップ10


女性側が離婚を申し立てたときの、離婚の原因トップ10が以下です。

第一位 性格が合わない
第二位 暴力をふるう
第三位 異性関係
第四位 生活費を渡さない
第五位 精神的虐待
第六位 浪費
第七位 家庭を捨てて省みない
第八位 家族・親族と折り合いが悪い
第九位 酒を飲みすぎる
第十位 異常性格

男性の離婚の原因トップ10


次に、男性側が離婚を申し立てたときの離婚の原因についても見ていきましょう。

第一位 性格が合わない
第二位 家族・親族と折り合いが悪い
第三位 異性関係
第四位 異常性格
第五位 同居に応じない
第六位 浪費
第七位 精神的虐待
第八位 性的不満
第九位 家庭を捨てて省みない
第十位 暴力をふるう

男女別・離婚原因ランキングから分かること


つぎに、ランキングを踏まえて、離婚原因について分析していきましょう。

離婚原因ランキングから分かること①性格の不一致は避けられない


男女ともに、離婚原因の第一位は「性格の不一致」です。

これはどうしても避けられない食い違いですよね。浮気や暴力といった決定的な「悪」が無くとも、結婚生活を維持していくことが難しくなる場合はあるということです。

「性格の不一致からの離婚を避けたい」という場合は、「同棲期間をもうける」など相手との生活していく上での相性を確かめてから籍を入れるのも一案です。


離婚原因ランキングから分かること②DVによる離婚は多い


女性側の離婚申し立て理由、第二位は暴力によるものです。思いのほか暴力をふるう夫が多いということが分かります。

また、男性側では10位にランキング。男性の暴力と比べればランキングは低くなりますが、女性からの暴力による離婚もあり得るようです。結婚前に配偶者から暴力を振るわれるだろう、と想定していた人は少ないでしょう。いざという時のために、DV被害にあった場合の相談窓口について認識しておきましょう。

★DV相談ナビ
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/dv_navi/index.html

離婚原因ランキングから分かること③いざというときのために経済力は必要


女性側の離婚申し立て理由、第四位に生活費を渡さないことがあげられています。

「家庭に入ってほしい」と頼まれた場合であっても、夫が生活費を渡さなくなったり、夫の浮気などによって離婚し、経済的基盤が失われることは少なくなりません。いざというときのために、女性側もある程度の経済力を身に付けておく必要がありそうです。

おわりに


今回は男女別の離婚原因について紹介してきました。円満なパートナーシップを築くための参考にしていただければ幸いです。

※1 最高裁判所事務総局「司法統計年報」
http://www1.mhlw.go.jp/toukei/rikon_8/repo12.html

(今来 今/ライター)

■【夫の浮気再発防止】誓約書は浮気予防の効果あり!
■もしかしたら離婚したほうが幸せになれる?
■バツイチ・借金が結婚後に発覚? 結婚前調査って必要?

離婚】の最新記事
  • 思わず絶句! 離婚裁判での男性の衝撃発言3選
  • 結婚前に知っておきたい! 夫婦が離婚に踏み切る理由
  • 夫が浮気……あなたならどうする?
  • 男女でこんなに違う! 離婚原因トップ10
  • 離婚経験者が激白!幸せそうだけど実は破局を招く3つの習慣
  • エミリー・サンデー、離婚を認め胸中を告白
  • 山本太郎は絶対NG…スピード離婚しやすい男の特徴5選