3組に1組は離婚すると言われている現在、離婚はまったく珍しいことではありません。ですが、せっかく一生涯一緒にいると誓ったのですが、できれば添い遂げたいですよね。
 
今回は、反面教師にすべく、スピード離婚した女性の体験談をご紹介していきます。(スピード)離婚はしたくない!という方は本記事をぜひ参考にしてみてください。
 

スピード離婚した理由ケース1 生活リズムがあわなかった

 

「離婚の原因は徹底的に生活リズムが合わなかったことです。私は会社員で、毎朝7時に起きていましたが、彼は自営業で昼まで寝て、毎日夜更かし。一緒に生活しているのに、一人暮らしのときの気持ちのまま、まったく私の生活に寄り添おうとしない彼の態度に嫌気がさして離婚を切り出しました」(半年で離婚した30代女性)

スピード離婚した理由ケース2 子どもに対する意見が違った

 

「私は子どもがほしかったのですが、彼は子どもはいらないと考えていたことが、結婚直後にわかりました。結婚前に話し合っておくべきでしたね。彼のことは大好きだったので、1年ほど迷いましたが、やはり子どもをあきらめきれなかったので離婚することになりました」(1年で離婚した20代女性)
 

スピード離婚した理由ケース3 家事が分担できなかった

 

「私と彼は共働きです。私は在宅ワークで彼は会社員。私の方が家にいる時間が圧倒的に長いこともあって、ほぼ家事は私がしていました。彼は私がして当然みたいな顔をしていました。この生活が一生続くのは無理、と思ったので、離婚しました。次は家事を私だけに押し付けない人と同棲したいです」(1年半で離婚した30代女性)
 

スピード離婚した理由ケース4 ほかに好きな人ができた

 

「結婚して数ヶ月後に、私に好きな人ができてしまい、不倫をしていました。それがバレて、彼から三行半をつきつけられました。今は、新しい彼と幸せな日々とおくっています。元夫には申し訳ないことをしたと思いますが、でも、人の気持ちは法律では縛ることはできないから仕方なかったよね、とも思います」(数ヶ月で離婚した20代女性)

さいごに。冷静に見極めよう。見極めが難しい場合は、同棲もアリ

 

離婚の原因は様々です。どうしようもなかった理由もありますが、事前に知っておけばスピード離婚は免れただろう、というケースもあります。
 
スピード離婚を避けたいのなら、子どもについての意見は事前にすり合わせておく必要があるでしょう。また、家事分担や生活リズムにおいて懸念がある場合は、とりあえず同棲してみて、やっていけるかどうかを確認していから入籍するというのも手です。
 
結婚は、人生を左右する重大な決断ですから、慎重さが必要です。しかし慎重になりすぎると決断はできません。好きという気持ちだけで突っ走りつつも、「一緒に生活していけそうか。将来のプランに大きなズレはないか」をしっかりと冷静に見極めることが、スピード離婚を避けるための秘訣だと言えそうです。
 
(今来 今/ライター)
 
■まさかの理由でスピード離婚!その驚きのワケとは?【前編】
■人には言えない!くだらなすぎるスピード離婚原因5選
■離婚経験者に聞く…幸せそうに見えるけど離婚を招く「3つの習慣」
 

離婚】の最新記事
  • こんなはずじゃなかったのに……スピード離婚をした理由4選
  • スピード離婚も頭によぎる……旦那の姉から受けた嫌がらせエピソード【後編】
  • スピード離婚も頭によぎる……旦那の姉から受けた嫌がらせエピソード【前編】
  • こんな理由で!? 新婚なのにスピード離婚を言い渡された話
  • こんな人だと思わなかった! 結婚後に豹変した旦那。スピード婚を決意したエピソード
  • 好き同士で結婚したのに……スピード離婚した4つの理由
  • 結婚前に知っておきたい! 新婚夫婦が「わずか数年で離婚に踏み切る」理由
  • まさかの理由でスピード離婚!その驚きのワケとは?【後編】