「どんな人かよく知らないけれど、ご飯くらいなら行ってもいいかな」
と、あまりよく知らない人とデートに行くことは、よくあることだと思います。

期待していなかったデートが、思いもよらず楽しかった、好きな人ができた、という場合もあるでしょう。

逆に、思いもよらない被害にあってしまう場合がある、ということも認識しておかなければなりません。

最悪の場合は、デートレイプドラッグというドラッグを知らない間に飲まされて、性被害にあってしまうケースもあるのです。

被害を未然に防ぐため、また、再発防止を防ぐためにも、デートレイプドラッグについての基礎知識を身につけておきましょう。
 

デートレイプドラッグとは?


デートレイプドラッグとは、デート中知らない間に飲まされている薬物のことです。
女の子に薬物を飲ませ、レイプすることを目的に使用されます。

日本でよく使われているデートレイプドラッグは、合法ドラッグの睡眠導入剤などです。
ほとんど味がなく、水に溶かして飲むことができるものもあるため、アルコールに混ぜた場合気づくことは困難です。

デートレイプドラッグは、もちろん「デートレイプドラッグです」と言って販売されているワケではありません。睡眠導入剤として、不眠症や精神病を患ったさいに病院で処方してもらえるものもあります。

つまり、違法性がない薬が多いため、入手するのは簡単なのです。
 

デートレイプドラッグ被害を防ぐためには?


デートレイプドラッグがアルコールに混ぜられてしまった場合、飲んでも薬物が混入されていると気づくことは難しいのが現実です。

それゆえ、予防策は「信頼関係が築けていない人とお酒は飲まない」ということ以外の方法がないのです。

バーなどで「一杯おごるよ」と近づいてきた人の飲み物は受け取らないようにしましょう。
また、あまり知らない人とデートする場合は、最初のうちは飲酒抜きのデートにしておく方がいいでしょう。

よく知らない人と、どうしても飲酒しなくてはならない場面が出てきた場合は、トイレなどで席を外した後は飲み物に手をつけないようにしましょう。
 

デートレイプドラッグの被害にあってしまったら


万が一、デートレイプドラッグの被害にあってしまったら、気づいたときに病院へ行って、状況を伝え、採尿を行ってもらうようにしましょう。

デートレイプドラッグは、時間がたつと体から出ていってしまうため、なるべく早く病院に行き、証拠を残しておく必要があります。

最近は、睡眠導入剤などに工夫がなされ、水分に溶かすと色のつくものが増えています。
しかし、酔ってしまうと色の変化に気づかない場合も。

デートレイプに使われる薬物自体が合法であっても、薬を使って合意無しに性行為を行うことはもちろん犯罪です。

犯罪を未然に防ぐためにも「よく知らない男性からの飲み物には手をつけない」ことが大切です。

今来 今/ライター

■こんな男性がいたら要注意!ストーカーになりやすい男性の特徴
■気をつけて!あなたがハマると怖い「危険な恋愛」
■結婚詐欺だけじゃない、愛の名の下に搾取する「恋愛詐欺」とは?
 

公開日:2018年2月3日
更新日:2018年10月22日


 

関連キーワード
デート】の最新記事
  • カップルのための! “ディズニーシーデート”を盛り上げる完璧プラン
  • 神かよ…! 女性が考える理想のデートコースとは?
  • 大人が「ガチで美味しい」と思うディズニーランドグルメ4選 Vol.2
  • 一緒に歩きたくない!彼氏の夏のNGデートファッション
  • 夏を満喫しなきゃもったいない! 海デートのおすすめプラン4つ!
  • 恋人ではないのにサクッと誘ってくる男性の心理
  • 大人が「ガチで美味しい」と思う“ディズニーランド”のグルメ4選!
  • 「デートが割り勘だった」モヤモヤしている女子が知っておくべきこと