もう平成も終わろうとしているこの時期に、いまだに『デート代を奢る男が素晴らしい、奢られる女であれ』、と主張している人がいることにびっくりしています。
 
そういった人たちはなぜ「デート代」というチンケなものにこだわるのでしょうか?
彼ら彼女らの思考を分析すると、そこには共通した「ヤバさ」がありました。
 

奢りたい男の深層心理

 
まず、積極的に奢ろうとする男性の心理について考えてみましょう。
 
男なら女性のデート代を出して当たり前、と主張する人たちは共通して『女性はデートに行くまでにメイクや服装、ネイルやムダ毛処理』など、男性と比べて時間もお金もかけている。その分を男が持つのは当然じゃないか』と発言します。
 
僕はこの発言を聞くといつも、『じゃぁあなたデートに行く前に、スキンケアも髪型のセットも、靴磨きもお店のリサーチも何にも準備をしない人なんですね』と突っ込みたくなってしまいます。
 
「女性の負担を軽くしてあげよう」という思考の持ち主の多くは、『俺は女心を理解しているんだぜ』というマウンティングしたい人たちです。
加えて、『女の子に金額を気にせずにデート代を奢れる俺って社会的に成功しているよな』という承認欲求を埋めたい、という心理も働いているのです。
 
いずれにせよ、その女の子との純粋なデートを楽しむために会うのではなく、自分の男としての価値を女の子を使うことでしかみとめられない、情けない男性だということです。
ただ稀に、本当のお金持ちになると「税金対策で」奢りたがる(交際費として計上できるから)という理由も持っているケースもあるにはありますが、総数としてはものすごく少ないと思います。

奢られたい女の深層心理

 
一方の女性も、そういった男性とはある種「お似合い」だと言えます。
 
彼女たちも、「奢られる」という金銭的な価値を通じてしか、自分の女としての価値を確認することができない、これまた情けない女性たちなのです。
なお、デート代は男性が持って当たり前、という価値観はバブルの時代に植え付けられた価値観です。
 
今でもその時代感を引きずっている人、あるいはバブリーな港区界隈で活動している人たちには、「女は男に奢られてナンボだ」という思想がある傾向にあります。
『初回ぐらいは格好つけてほしい』と主張する人もいるようですが、デート代をさらっと払うことが「かっこいい」と思っているのも、自分が「支払われる側でいたい」という深層心理が隠れています。
 

デート代はデートの相手に支払うものじゃない

 
そもそもデート代金というのは、デートをしてくれた相手に支払うものではありませんよね?
 
飲食店やレジャー施設などの、二人のデートを演出してくれた「サービス」ないしは「人」に対して支払われるべきお金です。
 
それを「誰が」支払うのか、と揉めること自体がものすごくレベルの低い話だと思いませんか?
 
サービスや価値を提供してくれた人(企業)に対して、「ありがとう」という気持ちを込めて支払うのがお金です。
なぜ、価値を提供され、お金を支払う側にいる人間が、そのお金で自分の価値を測ろうとするのでしょうか?とても不思議でならないのです。
 
(川口美樹/ライター)
 
Photo by 禅さん
 
■ホテル代はどっち持ち?ダブル不倫カップルのデート代のリアルとは
■結婚相手を「スペック」で選ぶことのヤバさについて語らせてください
■ジェネリック彼氏と付き合っても絶対に幸せになれないと断言できる理由
 

関連キーワード
デート】の最新記事
  • カップルのための! “ディズニーシーデート”を盛り上げる完璧プラン
  • 神かよ…! 女性が考える理想のデートコースとは?
  • 大人が「ガチで美味しい」と思うディズニーランドグルメ4選 Vol.2
  • 一緒に歩きたくない!彼氏の夏のNGデートファッション
  • 夏を満喫しなきゃもったいない! 海デートのおすすめプラン4つ!
  • 恋人ではないのにサクッと誘ってくる男性の心理
  • 大人が「ガチで美味しい」と思う“ディズニーランド”のグルメ4選!
  • 「デートが割り勘だった」モヤモヤしている女子が知っておくべきこと