今年も夏がやってきました! 毎日とても良い天気なのでデートをするなら外で、せっかくなら普段行けないディズニーに--なんて考えている方も多いのではないでしょうか。

筆者はディズニーシーが(もちろんランドも)大好きで、デートでよく遊びに行きます。

今回は真夏のディズニーデートで注意すべき点を、パーク好きの筆者が3つの項目に分けて書いていきます。

1.万全な体調で楽しもう


「明日はディズニーデート。オープン前に並ぶ事になったけど、準備に時間がかかって就寝時間が遅くなっちゃった」「寝不足だけど朝4時起きしてオシャレして、気がついたら家を出る時間。朝ご飯を食べ損ねた」なんて事、想像つきますよね。

しかし、この想像は絶対現実にしてはいけませんよ。睡眠や、栄養・水分が不足した状態で炎天下のパークに行けば、熱中症などの危険性が高まります。体調不良で救護室のお世話になるような事になれば、恋人に心配もかけますしせっかくのデートが台無しに。

真夏のディズニーは想像以上に暑いです。気を抜かずに体調管理に気をつけてください。前日はしっかり寝て、当日の朝ご飯はしっかり食べて、元気いっぱいディズニーデートを楽しみましょう。


2.大きいぬいぐるみの買い時


ダッフィーやくまのプーさんなどの大きいぬいぐるみって、とってもかわいいですよね。デート中に購入すれば、可愛いぬいぐるみを連れて歩けるのはもちろん、それを抱えたかわいい恋人の姿も拝めちゃいます。特別な写真もたくさん撮れますし、忘れられないすてきな思い出になること間違いなしです。

でも、ふわふわ・もこもこしたぬいぐるみは、実は持っていると結構暑いんです。かわいいんだけど暑いし、でも邪険に扱うのは気まずいし、かといって邪魔だし……となってしまえば、折角買ったぬいぐるみがケンカの原因にもなりかねません。

真夏に大きいぬいぐるみを購入する場合は、時間帯に気をつけましょう。一通りパークを楽しんだ後、日が暮れる1時間前くらいに買うのがオススメです。明るいうちに写真も撮れますし、ちょっと涼しくなったパークでかわいいぬいぐるみと恋人と3人、特別なデートを楽しんじゃいましょう。

3.季節限定の水濡れスポット


「ディズニーは水に濡れない」そんなイメージありませんか? アトラクションにもよりますが、真夏のディズニー、実は結構濡れるんです。

ずぶ濡れになっても慌てないよう、肩に羽織れるサイズのタオルと、ヘアブラシを持って行く事をオススメします(パーク内でも購入できます)。メイクは必ずウォータープルーフにして、髪型は直しやすいものにしましょう。また、夜間に水に濡れてしまうと昼間と違いなかなか乾きません。気になる方は、下着の替えも持って行くと便利かも。

代表的な水濡れスポットは、シーでは「アクアトピア」「メディテレーニアンハーバーの水上ショー」、ランドでは「スプラッシュマウンテン」「パレード」です。シーのマーメイドラグーンや、ランドのトゥーンタウンにあるお子様用のプレイグラウンドも水が吹き出す場所があり、隠れ水濡れスポットです。

用意を万全に整えてから水濡れスポットで遊べば、真夏にしかない特別な楽しみ方ができちゃいますね。デートのちょっとしたスパイスに、オススメです。


まとめ


直射日光を浴びながら、ごったがえすパークの人波の中で感じる体感温度はかなりのもの。真夏のパークは本当に暑いです。熱中症などの体調不良は、人ごとではありません。

しかし、事前準備を怠らず必要な知識を持てば、真夏のパークはとっても楽しいんです。この季節にしか味わえないパークの魅力を、ぜひカップルで味わってみてください。

(西 繭香/ライター)

■実は難易度が高い? 花火大会デートを成功させる秘訣!
■姓名判断|今、あなたとデートしたいと思っているのは意外な人物?
■【星座別ラッキースポット】夏のレジャーならここがおすすめ

関連キーワード
デート】の最新記事
  • ディズニーデートでわかる!“恋人の器”チェックポイント3選
  • 気が進まないデートもコレを知ってれば楽しめる?彼の仕草で本気度を見抜こう!
  • 男心を刺激する!ちょっと特別感のあるデート
  • デート代奢る奢らない論争をしている人に関わらない方がいい理由
  • 行かなきゃ良かった……。女性陣が体験した恐怖デート・3選
  • 気になる彼から2回目のデートの誘いがない理由
  • 大切な日だからこそ押さえておきたい♡おすすめのバレンタインデート
  • 「ドリンクに睡眠薬」要注意!意識を失わせようとする手口とは…