世の中には、正攻法ではデートもセックスもできないので、極めて卑劣な手段で無理矢理やってのけようとする男性もいます。
こういう人間にはそもそもモラルがないので、普通はしばらく接していると危険なサインがボロボロ出てきて回避できるのですが、突発的に出会ってしまうとなかなかそうもいきません。
また、普段は本性を隠して“いい人”の仮面を被ることを徹底している卑怯な男性も、稀にいます。
 
いずれの場合も、こういう男性に目を付けられてしまうと、かなり危険であるということが言えるわけですが、では具体的にどういった手段で女性に危害を加えるのでしょうか。
今回は、女性であれば自衛のためにも知っておくべき情報について書いてまいります。
 

おかしい奴は睡眠薬に頼ってでもセックスに持ち込むことも…

 
タイトルにもあるように、今回警鐘を鳴らしたいのは、睡眠薬を使って女性をこん睡状態に持ち込み、わいせつな行為やレイプをたくらむ犯罪者が実際にいるという点。
さすがにそこら中にごろごいるわけではありませんが、みなさんが思っている以上に、世間には変な男はいます。
 
実際、日本では既に飲み物に睡眠薬を混入させて女性の意識を奪い、わいせつ行為におよんだ男が起訴されるという事件も起きていますし、裁判事例もあります。
ところがそんな日本では、こういった事例についての注意喚起がほとんどないのが現実です。
 
ここが日本の悪いところというか、対処が後手後手に回りやすい悪循環なんですよね。
たとえば今でこそ警察もフットワークが軽くなりましたが、ほんの20年、30年前ですといじめ問題も、ストーカー被害も、市民が相談しても門前払いもいいところでした。
同じように、睡眠薬を混入された上で襲われた場合も、なかなか被害が表面化しにくい事実があります。
被害者も訴えにくいですし。
 
そして、こういう悪事を働く輩は、それをよく理解して犯行に及んでいます。恐ろしいことです。
 

関連キーワード
デート】の最新記事
  • 行かなきゃ良かった……。女性陣が体験した恐怖デート・3選
  • 気になる彼から2回目のデートの誘いがない理由
  • 大切な日だからこそ押さえておきたい♡おすすめのバレンタインデート
  • 「ドリンクに睡眠薬」要注意!意識を失わせようとする手口とは…
  • 男女に聞いた! 初デートで「なんか違う」と思ったポイント
  • 全く好きではない人からデートに誘われたら、どう断る?3選
  • どう返す? デートの場所や食べたいものを聞かれたときの模範解答
  • デートで彼氏にバーゲンに付き合ってもらうには?