二人の将来を左右する大切な初デートですが、気になるのはデートの場所、そしてお勘定です。
 
昭和の頃はすべて男性が払うのが当たり前でした。平成になり割り勘の存在が増したものの、本命彼女とのデートなら、カッコよくおごってあげたいと思う男性も多いことでしょう。
 
しかし、実際のところはどうなのでしょうか。そこで今回は令和の男女間におけるデートのお金事情を調査してみました!
 

 

男性は初デートでおごるもの?

 

令和になってもやっぱり初デートでは、男性にすてきなところへ連れて行ってもらいたいという願望が女性のなかにはあります。
 
デートの場所もそうですし、食事やお茶などもちょっと気を使ったところに連れて行ってもらいたい。そして、初デートでおごってくれるのか、割り勘になるのかも気になるところ。
 
女性の多くは男性が初デートでおごってくれることに、いろいろな解釈をもっています。男性は、女性によく思われたいという気持ちから、本命女性との初デートではおごるという人が多いようです。
 
実際おごってもらった女性は「相手が頼もしく感じた」「自分の事を気にしてくれている証拠」「おごってくれるのは本命の証拠」などと感じて、おごってくれることを大歓迎する人が大半です。
 
「初デートでは本命におごる」というのは、いわば定番のようなものですが、それが鉄板だったのは昭和バブルのころ。今の男性のなかには、たとえ本命彼女にしたくても、初デートだからと言っておごらないという人も沢山いるようです。

今どきは、必ずしもおごるとは限らない!

 

実際に男性に聞いてみると、現代の男性の多くは割り勘に抵抗を感じないという人が多いようです。「男女平等で、仕事でも女性の立場を主張しているのになんでデートのときだけおごる必要があるのか」というもの。
 
昭和から平成の男性は女性に強く頼もしく見られたいという意識がまだまだ強かったようですが、平成中期に差し掛かると、草食系男子の登場とともに、プライドがあまり高くない人が増え始めたようです。
 
平成から令和になると、「これから本命になるかどうかもわからない人にはおごれない」とか「会ってみてイメージとは違ったので、お金を使いたくなくなった」など、合理的で少々自己中心的な理由もありました。


初デートではおごって、次からは割り勘にするといった男性も多いと思いますが、中には本命彼女として付き合い始めてからおごりはじめるという人もいます。最初のデートは、これから長く付き合うかもわからないからおごりたくないという意見のようです。
 
男性の中には「男性がデートではおごることが当たり前」だと思っている女性かを見極めるために、あえて割り勘をチョイスする人もいるようです。
 
女性の中には、デートは男性がつねに払うものだと思っている人もいます。デートのとき割り勘と聞いて女性が顔をしかめた場合、今後もずっとおごらなければいけない可能性があります。
 
逆に女性が割り勘と聞いてもニコニコして態度も変えなければ、割り勘でも会いたい、本命の相手だったということかもしれません。
 
(yummy!編集部)
Photo by Branson Missouri
 
■がっかりだよ…男性が付き合ったあとで彼女に「幻滅する瞬間」
■男子が本命女子にだけする5つの行動
■デート中にスマホばかり見ている彼氏!「理由別」対処方法3つ!

デート】の最新記事
  • こんなデートは嫌だ!信じられない寒すぎるデートエピソード
  • デート前に突然の生理。彼にうまく伝える方法
  • 初デートで本命彼女には必ずおごる?
  • 生理中のデートに対する本音! 女性が不安に思っていることとは?
  • どう返す? デートの場所や食べたいものを聞かれたときの模範解答
  • こんな服でデートに来られたら嫌!ヤバイ女と思われるファッション
  • こんなところまで!? 男性が初デートで見ているチェックポイント
  • マンネリカップルを乗り越えるには、ダブルデートが効果的!