いつの時代も議論になるデートでの「支払い問題」。

 

お金の問題は大きい!

 

リサーチパネルが10〜50代の男女に行った調査によると、「デートの費用負担方法として、最も妥当だと思うのはどれか?」との問いに対し、1位が「男性が多めに負担」(38.5%)、2位が「男性が全額負担」(20.1%)、3位が「ほぼ同額を折半」(20.0%)との結果に。

男性のみの回答では、20代以上から「男性が多めに負担すべき」と回答した人が50%を超えていました。

しかし、残念ながらすべての男性がそういった一般的な思考を持っているわけではありません。

デートでの支払いに関する“珍”エピソードを女子に聞いてみました。

やはりデートでは、男性にちょっとでも多く払ってもらいたいものですよね。

大多数の男性も、女性よりは多く払おうという意識を持っているようなのですが……。

今回は、デート時の支払い“珍”エピソードを女子に聞いてみました。

●その1:ポイント額だけ支払おうとする

「イイ感じに見えていた男性とデートしたのですが、『このお店だとTカードが使えるんだ。僕が貯まってるポイントで○○円払うから、君は残りの××円払って』と言われてドン引き! これ、初デートですよ。彼のことが節約したがりな主婦にしか見えなくなりました」(29歳/IT)

●その2:カード支払いをして現金で半額要求する

「マイルを貯めている年上男性がいました。カードで全額支払った彼に、現金で半額を要求されました。結構高額な支払いだったので、マイルもいっぱい貯まってるはずだし、全奢りでもいいじゃんと感じましたね。そのセコさにイラだつので、あんなマイル野郎とは2度とデートしません」(27歳/編集)

●その3:子犬のような目で訴える

「気になる男性とふたりで食事に行きました。行動がスマートなので支払ってくれるのかな、と少し期待していたのが運の尽きでした。レジでのお会計時に店員さんから金額を伝えられると、後ろにいる私の方を振り返って、子犬のような目で見つめてきたんです……。『払って』という無言のメッセージや熱意が込められていたのを覚えています」(31歳/メーカー)

●その4:「給料多いんだから奢って」とせがむ

「2歳年上の彼と付き合っていた頃の話。将来的に結婚を考えていたので、お互いの年収を打ち明けたところ、私の方が100万円くらい多く気まずい雰囲気に。それ以後『給料多いんだから奢って』『多めに払って』などと言われるようになってドン引き。たったの100万じゃん」(33歳/コンサル)

●その5:恩着せがましく「多めに払う」と口に出す

「いつも彼とはほぼワリカンです。それなのに私が2000円、彼が2200円を払ったときでも『俺は男だから多めに払うよ』と、レジ前で恩着せがましく言ってくるんです。でも、一緒にお金は出すんですよ。誰に対してカッコつけてるのか、まったくよく分かりません」(32歳/派遣)

お金の問題は結婚後もつきまとうもの。

金銭感覚が理解できない、ついていけない、ちょっと違うなどと感じることがあれば、相手選びをし直した方が良いのかも知れません。

 

関連コラム

 

彼が浮気をしているかも…と思った時、まずするべきこととは?
3年越しの恋愛を見事叶えた…ある意外なテクニックとは?
ハードルの高い「ハイスペック男」と結ばれる秘訣とは?
最後の彼にしたい!恋愛を長続きさせる方法とは?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by scottchan

関連キーワード
デート】の最新記事
  • なぜか続かない…2回目デートへつなげる極意は“会話のペース”
  • 時代が変わってもありえない!初デートで割り勘の男がNGな理由
  • 3回目のデートまでに告白しないと「いい友達」になる理由
  • 初デートはカレー屋に行け!?カスタムオーダーで分かる男の特徴
  • それ、大丈夫?男性を部屋に上げる前にチェックすべきマイルール
  • 最初が肝心!デートの待ち合わせで好感度を上げる方法
  • こんなキスはイヤ!女子が彼とのキスでドン引きしたエピソード
  • 「待ち合わせの時間が22時」女性が脈なしだと思うデート6選
あなたへのおすすめ