「食事でも行かない?」

恋は往々にしてこの一言からスタートする。

その気があって男性から女性を食事に誘った場合。
あるいは、初めての2人だけのデートのとき。

そんなときに、食事代を割り勘にしようと言い出すオトコは恋人失格とみていい。

 

時代は変わった…食事で割り勘は当たり前?

 

その昔、おごるのは当然ながら、男の役割だと思われていた。
だからたとえどんなに懐が寒かろうと、男たちは見栄を張ってでも、女性にご馳走をしたものだ。
どんなときも、大きな羽ですっぽり女性を包むのが男の沽券であると男女ともに信じていたからである。

ましてや、初めてのデートでオトコの沽券を示さないようなら、彼女をこれから守り通すということを放棄したも同然である。
そんなふうに考えられていた。

しかし、時代は大きく変わった。
男女同権がすっかり定着したうえ、経済が縮小して、彼女をおごろうにも十分な収入が得られない男性が増えてきた。
その流れから言うと、割り勘は当然なのかもしれない。

が、敢えて言おう。
ファーストデートで割り勘を提唱するオトコは恋人失格であると。

 

時代が変わっても割り勘男は甲斐性なし

 

どんなに時代が変わろうと、女性が男性に望む要件は不変なのだ。
自分のみならず、男性には、将来家庭を築いた時家族を守る存在であってほしいと願うのはむしろ女性の本能である。

どうしてもそれが叶わないような経済状況であっても、せめてはじめの一歩くらいは意気込みを見せてくれるオトコに賭けるべきである。

年収1億円であっても、100万円であっても、女性はその中での精一杯の誠意を見たいのである。
どれだけ自分のために、汗をかき、血を流してくれるオトコか見極めたいのである。

2人が本当の愛を誓い、本物の恋人になったあかつきには、女性の方がずっと高収入だった場合、女性側が払うという状況も当然あるかもしれない。

しかし、最初はやっぱりきちんと誠意を見せるオトコにかけるべきである。

 

好きなら払って当然?女子は金払いに男の誠意を見る

 

本当にカレにお金がなかったら、割り勘にして無理にレストランに行くよりも、たとえ100円のアンパンでも自分で買ってきて、「ごめんね。今のぼくにははこれを2人で分け合う余裕しかないけれど、いつか必ず君を素敵なレストランに連れて行くから」

そう言うオトコの方がずっと見どころがあるではないか。

世の中には、1回の食事で彼女をモノにできなかったら食事代が損だから、割り勘でいこうという輩もいるかもしれない。
しかし、たとえ1回の食事で女性に逃げられても、それは恋愛修行のための月謝と割り切るべきである。
こんなケチな了見のオトコに夢を託して果たして何が得られるのだというのだろうか?

ファーストデートで割り勘にしようというオトコはやっぱり切り捨てるべきである。

 

関連コラム

 

食べ過ぎても太らない…真似したい「モデル体型」習慣
見栄を張らない男なんてつまらない!彼が本物か偽物か見抜くコツ
ワリカンならまだまし!デート中にドン引きしたケチ男の行動9選
どうして男が結婚に選ぶのは買い物上手の賢い女子なの?

 

南美希子プロフィール

 


南 美希子
司会者、エッセイスト。
東京生まれ。
元祖女子アナ。
聖心女子大学3年生のときアナウンサー試験に合格。
テレビ朝日のアナウンサーを経て独立。
田中康夫氏との「OHエルくらぶ」、三宅裕司氏との「EXテレビ」などで司会をつとめる。
光文社のJJに「お嫁に行くまでの女磨き」、VERYに「40歳からの子育て」を長年にわたって連載し、熱烈な支持を受ける。
現在もワイドショーのコメンテーターやシンポジウムのコーディネーター、トークショー、講演、執筆などで活躍中。
化粧品「フォークイーンズ」の開発や美容医療情報のフリーマガジン「MITAME」の編集長もつとめる。
講談社「グラマラス」では「LOVE握力」というタイトルのブログエッセイを連載中。
近著に「オバサンになりたくない!」「美女のナイショの毛の話」(ともに幻冬舎文庫)がある。

恋愛・美容エッセイスト|南美希子オフィシャルフェイスブックページ
Written by 南美希子
Photo by stockimages

デート】の最新記事
  • 最後にトドメを!男に「また会いたい」と思わせるデートの別れ方
  • なぜか続かない…2回目デートへつなげる極意は“会話のペース”
  • 時代が変わってもありえない!初デートで割り勘の男がNGな理由
  • 3回目のデートまでに告白しないと「いい友達」になる理由
  • 初デートはカレー屋に行け!?カスタムオーダーで分かる男の特徴
  • それ、大丈夫?男性を部屋に上げる前にチェックすべきマイルール
  • 最初が肝心!デートの待ち合わせで好感度を上げる方法
  • こんなキスはイヤ!女子が彼とのキスでドン引きしたエピソード