いつの時代も議論になるデートの「支払い問題」。
リサーチパネルが10〜50代の男女に行った調査では「デートの費用負担方法として、最も妥当だと思うのはどれか?」との問いに対し、1位が「男性が多めに負担」(38.5%)、2位が「男性が全額負担」(20.1%)、3位が「ほぼ同額を折半」(20.0%)という結果に。男性のみの回答では、20代以上から「男性が多めに負担すべき」と回答した人が50%を超えていました。
 
しかし、残念ながらすべての男性がそういった一般的な思考を持っているわけではありません。こでデートでの支払いに関する“珍”エピソードを女子に聞いてみました。
 

その1:ポイント額だけ支払おうとする

 

「イイ感じに見えていた男性とデートしたのですが、『このお店だとTカードが使えるんだ。僕が貯まってるポイントでこれだけ払うから、君は残りを払って』と言われてドン引き!これ、初デートですよ。彼のことが節約マニアの主婦にしか見えなくなりました」(29歳/IT)
 
ポイントにこだわる男性に引く女性は多くいますよね。自分のポイントが貯まる店をチョイスしただけでなく、支払いを折半するなんて…論外。ただ、さりげなくポイントで支払ってくれれば、上手にポイントを利用していると好感を抱きませんか?

その2:カード支払いをして現金で半額要求する

 

「マイルを貯めている年上男性がいました。カードで全額支払った彼に、現金で半額を要求されました。結構高額な支払いだったので、マイルもいっぱい貯まってるはずだし、全奢りでもいいじゃんと感じましたね。そのセコさに苛立ったので、あんなマイル野郎とは2度とデートしません」(27歳/編集)
 
年上男性とオシャレなお店でのデート。無意識におごってもらえると思ってしまいますよね。それなのに折半を要求されれば、ドン引きして当たり前。おごりではないなら、もっとリーズナブルな店をチョイスしてほしいものです。
 

その3:子犬のような目で訴える

 

「気になる男性とふたりで食事に行きました。行動がスマートなので支払ってくれるのかな、と少し期待していたのが運の尽きでした。レジでのお会計時に店員さんから金額を伝えられると、後ろにいる私の方を振り返って、子犬のような目で見つめてきたんです……。『払って』という無言のメッセージや熱意が込められていたのを覚えています」(31歳/メーカー)
 
子犬のような目だったとしても全額自分が支払うのは、あり得ませんよね。まだ素直に「ごめん」と言ってくれた方がマシかも。

その4:「給料多いんだから奢って」とせがむ

 

「2歳年上の彼と付き合っていた頃の話。将来的に結婚を考えていたので、お互いの年収を打ち明けたところ、私の方が100万円くらい多く気まずい雰囲気に。それ以後『給料多いんだから奢って』『多めに払って』などと言われるようになってドン引き。たったの100万じゃん」(33歳/コンサル)
 
給与が高いからと言って、女性が多く支払う必要はないですよね。結婚している訳でもないし、女性の方が化粧品や洋服などの出費も多いのに…。
 

その5:恩着せがましく「多めに払う」と口に出す

 

「いつも彼とはほぼワリカンです。それなのに私が2000円、彼が2200円を払ったときでも『俺は男だから多めに払うよ』と、レジ前で恩着せがましく言ってくるんです。でも、一緒にお金は出すんですよ。誰に対してカッコつけてるのか、まったくよく分かりません」(32歳/派遣)
 
多めに支払っていると強調する男性って、案外多いですよね。誰に対してのアピールなのか意味不明と思うことも。
 

お金の問題は大きい!

 

お金の問題は結婚後もつきまとうもの。金銭感覚が理解できない、ついていけない、ちょっと違うなどと感じることがあれば、相手を選び直した方が良いのかも知れません。
 
金銭感覚が近い相手の方が、将来に渡って良い関係性が続くますよ。
 
(yummy!編集部)
 
■ワリカンならまだまし!デート中にドン引きしたケチ男の行動9選
■思わずイラッとした男性が指定してきた「待ち合わせ場所」6選
■その行動に男性はドン引き!女性が初デートで気を付けたいNG行動
 

デート】の最新記事
  • 絶対あり得ない! 一生デートしたくない支払い場面の珍エピソード
  • せっかくの記念日が破局記念日に!? 誕生日のガッカリエピソード
  • 男性がデート中に「もう2回目はないな…」と思う女性の特徴
  • 愛が冷めちゃうかも? 彼氏の愛が冷めちゃうデートコース
  • ダブルデートはしない方がいい? メリット・デメリット
  • これが男性の本音!「デート中」に萎えてしまう女性の言動
  • アプリで出会った訳あり男とデートした過去を消したい【後編】
  • 男性がデートに誘いたくなる女性の共通点を探れ!