みなさんは彼氏のファッションセンスを気にしますか?
「あまりにもダサい男子はちょっと」「そこそこオシャレな男子と付き合いたい」と思うのが女子の本音。しかし、オシャレに気を使いすぎるあまり、中にはやっかいな特徴を持つ男子も……。
そんな、付き合うと大変な目にあう「意識の高いオシャレ男子」の特徴をまとめました。

 

「意識の高いオシャレ男子」の特徴

 

オシャレな彼氏はステキですが、意識が高すぎるとこんな苦労をしてしまいます。

●その1:ファッションに理屈を求める
「オシャレが大好きな彼の持論は“オシャレは理屈”です。だから一緒に買い物に行くと大変。彼が2つのアイテムを持って『どっちが似合うかな?」と聞いてきたので、直感で『両方カッコいいよ』と答えたら怒られました。『それじゃ全然分かんないし伝わらない。どう似合うのか言葉で説明してみてよ』だって。すごく面倒くさいです」(29歳/広告)

●その2:オシャレの美学を持っている
「最近できたオシャレな彼。でも、私は休みの日にはリラックスしたい派なんです。だからリュックでデートに行く日もあります。とはいっても、今風のモードなリュックですよ? すると彼に『何でリュックで来たの? このファッションにリュックを組み合わせた理由はあるわけ?』と詰められました。挙げ句の果てには『オシャレの“美学”に反してる』とけなされました。その目が真剣すぎて『楽だから』なんて答えられなかったですね」(28歳/保育士)

●その3:デートのたびにファッションチェックをする
「オシャレな彼なので一緒に歩いていると気分がいいんですけど、彼がアパレルという仕事柄か、会うたびに“ファッションチェック”をしてきます。毎回チェック&コメントされるのは正直ウザい。ちょっと気合いを入れたデート服を着てきても『そのストールはピンクじゃなくて赤の方が合ってない?』『靴は茶色の方が全体のトーンに合うと思う』などと細かく口出しされます。ピー子と一緒にいる気分です」(27歳/コンサル)

●その4:鏡が大好きでたまらない
「同棲している彼は“鏡が大好き”なんです。美意識が高いのはいいのですが、毎朝鏡を独占するので困っています。彼も私も会社の服装が自由なこともあって、毎日コーディネートを考えないといけないんですよね。私は1回でパッと決められますが、彼はやたら悩むらしく3回くらい着替えています……。鏡の前でメークをしたい私にとっては邪魔なだけ。彼のオシャレっぷりにそろそろ我慢の限界がきています」(31歳/メーカー)

●その5:コーディネートに命をかける
「ファッションに相当なお金をかけているであろう彼が目指すのは“完璧なトータルコーディネート”らしい。先日、そんな彼が仰天行動に出たんですよ。外デート中に鏡へ映った自分を見て『あ、ごめん。オレちょっと帰るから1時間くらいカフェで時間つぶしといて』と言うんです。何事かと聞いたら『今日のトップスが気に入らないから着替えてきたい』って。彼女を待たせてまで服をチェンジしにいく彼の自分勝手さに呆れました」(32歳/公務員)

 

「オシャレ男子」との交際は覚悟が必要?

 

いくら好きになった男性でも、ここまで意識が高い(笑)と付き合っていくのは大変ですね。
オシャレ男子と交際するならば、このような覚悟のもとに挑戦してみてください。

◆「意識の高いヤリマン」も存在します。
ITリテラシーをフル活用する「意識の高いヤリマン」の特徴

 

関連コラム

 

眼中になかった同僚男子を見直した瞬間
女性から猛バッシング!「自己完結男子」って?
化粧水を使う男性の7割が出世する?仕事がデキる男の特徴
草食男子の進化系?女以上に女性的な「セックスの乙女化」
つま先の骨を削る!?美容整形の最先端「シンデレラ整形」

 

おすすめ特集コラム

 

月間Bestコラム10選
「漫画」はモテ人生の教科書!漫画に学ぶ“モテモテ道”
恋愛を理屈で考えてみる!高偏差値恋愛記事5選
「いい男」かどうか見極められない女子に読んでほしい記事5選
南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」
Written by 池田園子
Photo by Björn Bechstein

デート】の最新記事
  • 生理中のデートに対する本音! 女性が不安に思っていることとは?
  • どう返す? デートの場所や食べたいものを聞かれたときの模範解答
  • こんな服でデートに来られたら嫌!ヤバイ女と思われるファッション
  • こんなところまで!? 男性が初デートで見ているチェックポイント
  • マンネリカップルを乗り越えるには、ダブルデートが効果的!
  • 最初が肝心! デートの待ち合わせで彼をキュンとさせるテクニック
  • 彼氏の家でおうちデートはしない方がいい?メリットとデメリット
  • なぜか続かない…2回目デートへつなげる極意は“ペースの相性”