公開日:2016年8月29日
更新日:2018年10月9日

こんにちは、トイアンナです。
草食系男子という言葉が生まれて早10年。婚活サービスの調査によれば30代未婚男性の74%が「自分は草食だ」と答えています。
 
それに対して「自分は肉食女子」と答えた女性は約2割。つまり現在の婚活市場は草食男子と草食女子が仲よく並んで、デートに誘われないかな……と待ち受けているのです。デートはどちらかが誘って初めて生まれるもの。女性も積極的に男性をデートへ誘いましょう!

 

「愛された方が幸せになれる」というのはデマ

 

ですから、もしあなたが出会いはそれなりにあるにも関わらず、恋愛関係へ進展していないだけなら答えは簡単です。男性をデートに誘いましょう。かしこまって「デートしてください」なんて言う必要はありません。彼を気になるイベントやご飯へ誘うだけです。はい今回のコラム「婚活戦略」はここで終わり! ……となれば簡単なのですが、そうはいきません。
 
「でも」と、オクテに慣れている女性は続きます。「デートって男性が誘うものというか……自分から誘うのって怖くてできないし……やっぱり愛される方が幸せになれるって言うし」
 
「愛される方が幸せになれる。だから女性は恋愛をリードすることなかれ」このセオリーは、恋愛相談で一番悪質なデマです。ならば男性がリードすることが当たり前だったこれまでの世代で、なぜ3割も離婚しているのでしょうか? 
 
一方的にこちらが愛しても、彼から愛されないことは不幸かもしれません。けれどお互いに誘ったり、誘われたりの関係を繰り返して愛情を交換することって、幸福そのものじゃないでしょうか。もしこれまでにすべてのデートを男性のお誘いで始めていたのなら、これを機に男性を誘い返してはいかがでしょうか。
 

関連キーワード
デート】の最新記事
  • 行かなきゃ良かった……。女性陣が体験した恐怖デート・3選
  • 気になる彼から2回目のデートの誘いがない理由
  • 大切な日だからこそ押さえておきたい♡おすすめのバレンタインデート
  • 「ドリンクに睡眠薬」要注意!意識を失わせようとする手口とは…
  • 男女に聞いた! 初デートで「なんか違う」と思ったポイント
  • 全く好きではない人からデートに誘われたら、どう断る?3選
  • どう返す? デートの場所や食べたいものを聞かれたときの模範解答
  • デートで彼氏にバーゲンに付き合ってもらうには?