自分が狙う男性が多くいそうな場所を探し、そこで数多くの男性と出会う。それが理想の人と結ばれるための第一歩です。
 
だが女子たちよ。1回目のデートで成功を収めなければ、いくら好きだろうが理想だろうが2回目はないぞ!
ふだんは当たり前なのに婚活で忘れがちなこと。それは自分が気に入った相手だからと言って、彼があなたを選ばなければ意味がないという点です。
 
そこで今回は悩める女子へ、次のデートへと繋げるテクニックの極意をお伝えします。
 

連絡のペースを相手に合わせよう!

 

いきなり結論ですが、「連絡のペースを相手に合わせる」とデートが繋がりやすくなります。例えば自分が返信すらしていないのに、たくさん話し続けられたり「前の件ってどうなりました?」なんて追撃LINEが何通も来たりしたら、嫌になりますよね。
 
「悪い子じゃないんだけど、ちょっと重すぎるかな……」と、思われたらゲームオーバーです。
 
例ではLINEを取り上げましたが、これは会話や食事などすべてに当てはまります。相手と同じくらいの頻度で、同じ会話の速度、同じ食事の速度を意識する。これだけで相手にとって「居心地のいい相手だな」と思ってもらいやすくなるのです。

心理学の効果「ミラーリング」の使い方

 

さらに「相性が良い」と判断してもらう材料として「ミラーリング」があります。ミラーリングとは相手と同じしぐさをすること。相手が水を飲んだら自分も飲む、トイレへ立ったら自分もいく、といった振る舞いをすると「息が合うな」と思ってもらいやすくなるのです。
 
さらに応用できる人は、LINEや電話でも「じゃあそろそろ寝るね」「仕事場に戻ります」と自分から話を打ち切るようにしましょう。相手はミラーリングで居心地のいい空間ができていたにも関わらず突然打ち切られてしまうので「もっと話したかったのに!」と思いやすくなります。
 

疲れる相手は相性が悪いかも?

 

とはいえ、食べるペースも歩幅も話すスピードも全部バラバラなら、合わせるだけでへとへとになってしまうかもしれません。ミラーリングをする際に無理しなくてはもたない相手に出会ったら、その相手があなたにふさわしいか考え直してみましょう。
 
「理想の男性の条件には合ってるけど、彼ってすごく早口だし食べるスピードもバラバラ。歩く速度が速すぎて追いつくのに必死」とまで思うなら、結婚してからも苦労しそうじゃありませんか?
 
ペースがズレていること自体は問題ではありません。しかし話していてストレスを感じる、極端に○○すぎて気になるなら由々しき問題です。もしこれから彼と付き合っても、生きるペースは変えづらいのでどちらかがストレスを感じることとなります。

さいごに

 

今回は特にミラーリングに限って書いていますが、これは一般的なお付き合いにも言えることです。たとえば金銭感覚が違うこと自体は問題ではありませんが「合わせることにストレスを感じる」なら付き合いを考え直したほうがいいでしょう。
 
デートの後「どっと疲れた」と思う彼と付き合っても疲弊し続けるだけの関係になってしまいます。そういったとき2回目のデートをお断りすべきなのは、こちらかもしれません。ここは「迷ったら他の人とデートする」を合言葉に、彼との関係は保留のままでさらなる可能性を探してみましょう。
 
(トイアンナ/ライター)
 
■出会いから恋愛に発展させる人がしていることとは?
■その行動に男性はドン引き!女性が初デートで気を付けたいNG行動
■「また会いたい」と思わせるには、別れ際が鍵!
 

デート】の最新記事
  • マンネリカップルを乗り越えるには、ダブルデートが効果的!
  • 最初が肝心! デートの待ち合わせで彼をキュンとさせるテクニック
  • 彼氏の家でおうちデートはしない方がいい?メリットとデメリット
  • なぜか続かない…2回目デートへつなげる極意は“ペースの相性”
  • 甘いムードも台無し!デートの前に食べないほうがいいもの
  • 早く帰りたい!「生理的に無理」だったデートとは?
  • ラブラブ度もアップ!「おうちデート」のマンネリ化を防ぐコツ
  • 「また会いたい」と思わせるには、別れ際が鍵!