最初のデートというものは建前で動くこともあってか、なかなか潔くあきらめられないひとも多いかと思います。今の世の中は特に、すべて建前で動いているので、お見合いではないデートにおいても、昔以上にその建前を感じるかもしれません。
今回は、2度目のデートに誘わなかった男子の本音をリサーチ!

 

1.最初のデートで一瞬イヤそうな顔をされたから

 

どういう瞬間かは人それぞれだと思いますが、何かのフシに女性に嫌な顔をされたと感じたら、相手もイラッとし2度目はないなと思うみたいです。それが本心ならいいですが、無意識にそんな表情をしていないか注意。自分がそんなつもりがなくても、相手がそう感じたらアウトなのです。

 

2.お金がかかりそうだったから

 

最初のデートで少々高級な飲食店に行き、馴れているような態度を見て、お金がかかりそうなと思われるケース。男性は、一般的には見栄っ張りなので、最初は高級店でと思っているひとも多いのです。

 

3.最初のデートで話が漠然としていたから

 

最初のデートで、話がすごく漠然としており具体的でなく、2度目はないなという結果に。
人見知りが生じてということもあるかも知れませんが、勝手に心を開いてもらえなかったとおもわれてしまったみたい。恋に遠慮はいらないということでしょうか。
デートをしてフィーリングが合わなければ2回目のデートはないというのは、しかたのないこと。しかしジャッジが早すぎるのだろうということは事実です。良く言えば合理的ですが、どこか寂しい世の中ですね。デートに関しては割り切った方が、潔く次に切り替えが効くかもしれません。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

デート】の最新記事
  • なぜか続かない…2回目デートへつなげる極意は“会話のペース”
  • 時代が変わってもありえない!初デートで割り勘の男がNGな理由
  • 3回目のデートまでに告白しないと「いい友達」になる理由
  • 初デートはカレー屋に行け!?カスタムオーダーで分かる男の特徴
  • それ、大丈夫?男性を部屋に上げる前にチェックすべきマイルール
  • 最初が肝心!デートの待ち合わせで好感度を上げる方法
  • こんなキスはイヤ!女子が彼とのキスでドン引きしたエピソード
  • 「待ち合わせの時間が22時」女性が脈なしだと思うデート6選
あなたへのおすすめ