最近知り合った彼。仲良く一緒におしゃべりしたり、LINEしたりはするのに、二人きりで出かけることはまだ1度もなし。いい感じにはなっていると思うのにどうも一歩踏み出してくれない彼。ついついイライラしたり、不安になったりしていませんか? 彼の前で不機嫌な顔を見せてしまったら元も子もありません。もう一歩が難しいのはよくあることです。ここは開き直って「デートに誘わせる」策略を立てましょう!

 

1、こまめに連絡を取る

 

先ずは基本中の基本、こまめな連絡から始めましょう。とはいえ、「おはよう」「今帰ってきたー」などの、女の子特有の「どう返事を返していいかわからない」メッセージは多く送らない方がいいでしょう。むしろ、彼が帰る頃に合わせての「お疲れさま」や、出張に行くと聞いていれば「気を付けてね」、大事な会議がある朝の「がんばってね」など、彼のことを思いやったメッセージをまめに送ってあげてください。

 

2、一緒にいると楽しいだろうなと思わせておく

 

彼といるときは、極力気持ちを素直にだしてください。「大好き!」「楽しい!」など、言葉にしなくてもかまいませんから、笑顔や嬉しそうな態度で表しましょう。自分といて楽しそうな子とは、もっと一緒にいたいと思うようになるものです。間違っても不機嫌さで彼をコントロールしようとしてはいけませんよ。

 

3、彼の近況に励ましを付け加えて返事を

 

彼からのメッセージが来たら、自分なりに彼への励ましをつけ加えて返事しましょう。ただし、文章は短く、が鉄則です。「疲れた」「明日も飲み会」などのメッセージに、「どこで飲み会なの?」などと根掘り葉掘り聞くのではなく、彼が喜びそうなことを一言足して送りましょう。けれど、ここもひと手間かけて。「疲れた」に「そうなんだー」ではあなたという人がどんな人かわからないけれど、「疲れた」に「でも、仕事が充実しているのは羨ましいな!」や「明日飲み会」に「会社の人とコミュニケーションとれているって基本だけど、○○くんみたいにきちんとこなしているひとってなかなかいないよね」と一言、褒めておくと「優しい子だな」とポイントアップします。一言以上だと、お世辞かな?と疑われるので控えめに。

 

4、誘いやすいようにハードルは下げておく

 

ここまでの下準備が出来たら、彼に誘ってもらいやすいようにハードルを下げておきましょう。「友達と休みが合わなくて、最近いつも一人で過ごしているんだ」や「サッカーに興味があるんだけど、ルールがまだわからなくて」と、近況を伝えるふりをして誘いを待ってみましょう。よほどの鈍感な人でなければここで誘ってくるはずです。

 

5、ほんの少し自分を下げる

 

また、ほんのちょっぴり、自分を「下げる」発言もしておきましょう。「○○くんなんて休みは予定ぎっしりでしょう? わたしなんて暇で暇で」とか「男の人からあまり誘われないんだよねー、魅力ないのかも」と自分を下げる発言をして「隙」をつくるのです。
ただ、物事にはタイミングがあるものです。もしかして彼は今はデートどころじゃないこともあり得ますので、そのあたりの見極めも慎重にしましょう。そうでもないのに、ここまでして誘って来ないようなら、もう一度考え直した方がいいのかもしれません。

Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

デート】の最新記事
  • 生理中のデートに対する本音! 女性が不安に思っていることとは?
  • どう返す? デートの場所や食べたいものを聞かれたときの模範解答
  • こんな服でデートに来られたら嫌!ヤバイ女と思われるファッション
  • こんなところまで!? 男性が初デートで見ているチェックポイント
  • マンネリカップルを乗り越えるには、ダブルデートが効果的!
  • 最初が肝心! デートの待ち合わせで彼をキュンとさせるテクニック
  • 彼氏の家でおうちデートはしない方がいい?メリットとデメリット
  • なぜか続かない…2回目デートへつなげる極意は“ペースの相性”