育児はパパ・ママ2人でおこなうもの、という価値観が一般的ですよね。
 
にもかかわらず、「旦那が育児でまったく役に立たない……」とため息をつくママは後をたちません。
 
しかし今回は、育児では役に立たない夫が「頼りになる」瞬間を紹介します。
 

①高いところのもの・重いもの

 

「育児のときは夜の授乳も起きないし、子供が泣いたらすぐギブアップしてしまううちの旦那。
 
唯一(?)役に立つなあ、と思うのは、わたしが届かないような高いところのものをとるとき。
あとは、エアコンの掃除とか電気を取り付けたりとか……うちの旦那は背が高いので。
 
あとは、重い荷物が届いて自分ではとても運べない……!と思ったときに、旦那が軽々と運んでくれたときは頼りになるなあと思いました」(37歳/主婦)

②不審者がきた

 

「うちの旦那は、休日は寝てばかりで子供を遊びに連れてって、と言っても「疲れてる」の一点張り……。
本当に役に立たないなーと呆れていたんです。
 
しかしあるとき、うちの庭に不審者が現れたんです。
わたしはパニックになって娘と2人でギャンギャン泣いてたんですが、旦那が帰ってくるととても冷静で……。
 
もう庭には誰もいないことを確認し、念の為警察にも通報してくれました。
旦那の冷静さには本当にびっくりです。ちょっと見直しました。」
(39歳/パート主婦)
 

③害虫退治

 

「うちの旦那は普段本当に役に立たなくて、育児のことをお願いしても失敗ばかり。
 
夫が家にいる存在意義ってなんだろう……とまでふと考えていたら、目の前にわたしの大嫌いなあの害虫が……!旦那に泣きついたら、旦那が退治・処理まで冷静にしてくれました。
久しぶりに旦那の存在意義を感じた瞬間でしたね」(30歳/営業)

④交通事故のとき

 

「我が家は夫の仕事ばかりの人間で、ほとんど家庭を顧みてくれません。
育児にもほとんど参加していないので、離婚を考えているレベルでした……。
 
しかし、あるときわたしが交通事故を起こしてしまったんです。
パニックになって事故の連絡を旦那にすると、旦那はとても冷静でした。
 
事故した失敗を責められる、と思ったのですが、「体は大丈夫か?」とまず体を心配してくれたのです。
 
そして、その後の保険や代車の手続きなどテキパキとこなしてくれました。
頼りになる一面が見れて見直したし、この人と結婚してよかったと思いました。」(34歳/主婦)
 

男性は「いざ」というとき頼りになる

 

ふだん、男性は気を張って仕事をしているため、家庭では力を発揮しきれないことが多いよう。
 
しかし、女性がパニックになるなど、感情的になりやすい場面では男性のほうが冷静な判断ができるようです。
 
しかしなかなかその「いざ」というタイミングがこないために、「頼りになる」と実感しにくいのも事実ですよね……。
 
(ライター/mashu)
 
■0歳の育児で頼りになる夫の行動
■「期待してないが頼りにしてる」女子が胸にグッときた上司の一言
■家事育児に参加してくれる夫。これからもしてもらうためにかけたい言葉

夫婦】の最新記事
  • ふたりで行うことに意味がある!出産前に夫婦でやっておきたいこと5つ
  • 家族が増えても夫婦仲良しでいたい!先輩に学ぶ秘訣
  • 実録!夫が弱ったときに追い打ちをかけるかのように難題をふっかける妻たち
  • 褒めても叱っても伸びなかった夫の「家族能力」が目覚めた瞬間とは?
  • 一緒にいるだけで地獄!妻を苦しめる「エネ夫」エピソード
  • 「旦那のお財布は自分のお財布」妻の金銭的ジャイアニズムは何故起きるのか?
  • 子育てが終わったときに感じる虚無感から抜け出す方法
  • 育児ではまったく役たたず!そんな夫でも頼りになる瞬間とは?