こんにちは、婚活FP山本です。
現代では結婚しても、夫親と同居する習慣はすっかり廃れました。しかし、都市部から離れた地方では、まだまだ根強くこの習慣が残っているようです。
 
そして、現代でもまだまだ嫁姑問題はあるものですが、なかには「老害」や「暴走老人」に匹敵する「鬼姑」の存在もありえます。
そこで今回は参考までに、私が本当に見聞きした鬼姑のエピソードを2本お伝えします。
 
あなたの婚活・結婚に、お役立てくださいませ。
 

嫁をうつ病に追い込み、共倒れした姑

 

私の知る夫婦に、共に50代のシミズさん夫婦(仮名)がいました。
 
夫婦は20代で結婚し、夫は金融機関勤務、妻は専業主婦として、長年夫親との同居。一見すると幸せ夫婦でしたが、その中身は奥さんにとって惨憺たるものでした。
 
姑は嫁を完全な女中扱いで、つねに高圧的な命令口調。外からでも罵声が聞こえる程でした。
 
その一方で、姑は夫(息子)には激甘で、お酒や甘いものをたっぷり与えつつ、妻には一切の夫の世話を許しませんでした。
 
奥さんは気が弱く、また離婚を考えられるような土地柄でもなく、どんどん追い込まれていくなか、ある事件が……。
 
なんと旦那さんが倒れ、あっという間に帰らぬ人になったのです。大量のお酒が原因でした。またこの頃には子供も独立、舅も亡くなっており、家は嫁と姑だけに。
 
心の支えを失った奥さんは、あっという間にうつ病になりました。同時に姑も、この頃には暴言以外は何もできず、一気に生活が破たん。
 
緊急的に子供が介入し、何とか生活できる体制を整えたそうですが……想像するだけでも最悪な人生ですね。

婿に逃げられ、孤独になった姑

 

私の知る夫婦に、共に40代のサイトウさん夫婦(仮名)がいました。
 
夫婦は30代後半で結婚したのですが、妻の父親がすでに亡くなっていたため、結婚後は姑を一人にできないと、妻の実家で同居。形上は婿取りですね。
 
しかし、姑は正直言ってダメな方でした。
せっかく婿同然に来てくれたのに、姑は連日のように嫌味三昧。奥さんは、まさか母親がこんな風になるとは予想もしておらず、ひたすら旦那に謝罪する日々でした。
 
しかし、そんな生活が長続きする訳ありませんよね。
結局、旦那さんは離婚も辞さない覚悟で、奥さんに同居の解消をお願いしました。親思いの奥さんでしたが、さすがにこの頃には呆れ果て、むしろ喜んで同居の解消に同意。
 
夫婦そろってどこかへ引っ越していきました。
 
その後、姑は嫌味を言う相手がいなくなったためか、あるいは一人暮らしになったためか、すっかり大人しくなってしまいました。

鬼姑は他人事ではない! 離婚も視野に!

 

鬼姑の存在は、決して他人事ではないのです。彼ママとして会った段階では優しくても、結婚してから豹変することもあります。しかも大抵の場合で、鬼姑が改心することは、ほとんどありません。
 
もしあなたの結婚相手の母親が鬼姑だった場合、離婚するまで永久に苦しみは続きます。
 
何よりも、姑が鬼だった場合、夫にとっては母親であり、母親の振る舞いこそが普通で正しく、あなたの方が間違っていると考えるケースもあるのです。
 
このため、姑が鬼であなたに味方がいないとわかったなら、夫ごと離婚で切り捨て、明るい人生を取り戻すのが最善の策かもしれません。
 
(婚活FP山本/ライター)
 
■ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせた!スカッとエピソード:前編「万事文句を言う意地悪姑」
■彼ママに好かれるための重要ポイント!好かれるより○○が大事!?
■長男、姑同居はむしろイイ!問題は……新しい結婚相手の選び方
 

夫婦】の最新記事
  • 嫁と共倒れ!? 本当にあった鬼姑の強烈エピソード
  • 旦那が抱いてくれない……結婚後の悲惨な夫婦関係
  • 人には言えない!くだらなすぎるスピード離婚原因5選
  • 夫を「旦那」「主人」と呼び続ける限り、男も女も不自由
  • 結婚の転換期キタ? 今と昔の夫婦の違いとは
  • マンネリ化してきたら……? 結婚記念日を盛り上げる方法3選
  • 絶対ダメ! 夫婦の時間にしちゃいけないNG行動
  • 「神様」のカルテ イチとハルに学ぶ理想の夫婦像