育児に追われているときは、夫婦間で恋愛感情を持つ余裕がなくなってしまうもの。
 
やがて育児が落ち着いたときに、妻に恋愛をしたい気持ちが芽生えてくるのに対して、夫は父親としての役割しか果たそうとしない、すれ違いが発生することも。
 
今回はそんな夫婦間のすれ違いについて考えてみましょう。
 

育児初期は恋愛どころじゃない

 

「育児は大変なもの」と簡単にいってしまうのが憚(はばか)られるほど、本当に気を使い、疲労もたまり、泣きたくなるくらいの苦労をするもの。
 
家事との両立、赤ちゃんの体調管理、授乳、おむつの交換、夜泣きなど、母親の神経をすり減らしてしまいますよね。
 
実際に泣いてしまった経験がある人もいるはずです。
 
もちろん子育てをしていると、幸せなこともたくさんありますが、いつもポジティブな気持ちではいられるほど、強い人ばかりではないはず。
 
そんな大変な状況にいると、夫と甘い雰囲気になる余裕なんてありませんよね。
むしろ育児に対する理解のなさや、関わりの少なさに苛立ってしまうこともあるでしょう。
 
そんな状態が続くと「好きだなんだ言ってられないし、スキンシップなんてする気にならない」と妻の気持ちを変えてしまうもの。
 
そして夫は、「出産は嬉しいけど、なんだか夫婦の関係が変わってしまった」と寂しさを感じることがあるのです。

夫婦間の意識が変化していく

 

育児が続いていくうちに、夫の意識が変わっていきます。
 
妻に対して「恋愛対象というよりも、子どもの母親」という認識が強くなっていきがち。
母親になっていく妻をみて、自分も父親になろうと意識が変わっていくのです。
 
そのような意識改革の結果、妻に対する気遣いは恋愛対象への思いやりというよりも、子どもの母親を慈しむような思いやりに変わっていきます。
 
「恋愛関係」から「子どもを中心とした家族」に関係性が変わっていくのです。
それは決して悪いことではありませんが、育児が一段落したときに、すれ違いになることがあります。
 

妻に恋愛したい気持ちが戻ることも……

 

やがて育児が一段落するときが訪れます。
 
そこで妻の側に「愛されたい」という恋愛感情が戻ってくるケースは多いもの。
あらためて「子どもの母と父」ではなく、「恋愛関係」で夫と向き合いたいと感じるのです。
 
しかし、難しいのは夫の側は「自分は父、妻は母」という認識になってしまっている場合です。
妻を愛しているけれど、恋愛的な気持ちが弱くなってしまっているケースがあります。
 
そうなると、どんなに妻が夫と恋愛をしたいと思っても、夫にはその気がないので、すれ違いが続くでしょう。
 
どうにかして、ふたりの間に生まれている溝を埋める必要があります。
 
しかし、両者にできた溝を埋められずに、すれ違いが続くことも少なくありません。
 
そうなると、妻は恋愛できない孤独を抱え込みます。
なかには、夫以外の相手との恋愛に走るケースもあるでしょう。
 

どうすべきか

 

ではどうすればいいのでしょうか。
 
「母親と父親」になってしまった夫婦関係を「恋愛関係」に戻す必要があるでしょう。
 
デートをしたりスキンシップしたりして、甘い空気を夫婦間に持ち込むのも方法のひとつでしょう。
 
もうひとつは、育児の期間中も完全に恋愛感情を捨ててしまわないこと。
育児中は余裕がないとは思いますが、ひとりの女性として夫と向き合っておくのも大切でしょう。
 
はじめから「母親と父親」といった状態にならないようにするのです。
変わってしまった気持ちを元に戻すよりも、変わらない努力をするほうがいいのかもしれません。

まとめ

 

育児が落ち着くと「恋をしたい」と恋愛感情を妻が抱くケースがあります。
 
しかし、夫のほうは「子どもの母親と父親になった」と考えていることも少なくありません。
 
育児をきっかけに夫婦関係に溝ができるのは悲しいこと。
お互いが納得できる関係を維持する努力が必要だといえるでしょう。
 
(大船くじら/ライター)
 
■こじれた夫婦関係を修復する5つのコツ
■彼氏から夫にはなったけど、夫から父親になってくれない男性へのパパスイッチの入れ方
■育児疲れで家事に手が回らない! 夫が子供を連れて実家に帰った話【前編】

夫婦】の最新記事
  • 夫が帰ってこない……夫婦喧嘩で家出した夫の裏切りとは?(後篇)
  • あまりにも怖すぎて……「キレる妻」に怯える夫のエピソード
  • 夫が帰ってこない……夫婦喧嘩で家出した夫の裏切りとは?(前編)
  • 父になる夫、女になる妻
  • 夫が不倫したら「どうとっちめる?」サレ妻が設けた夫への強烈な罰則エピソード(前編)
  • 育児疲れで家事に手が回らない! 夫が子供を連れて実家に帰った話【後編】
  • 育児疲れで家事に手が回らない! 夫が子供を連れて実家に帰った話【前編】
  • 自称イクメン夫の行動にうんざり! 衝突ばかりの育児奮闘記【前編】