子育ては一大事業です。
命がけで出産し、眠れない夜を過ごし、全力を注いで取り組まなければならないミッションです。
 
大事業をやり終えたのですから、達成感とともに「これから何をしたらいいんだろう」「人生に張り合いがない」など虚無感を感じるのは自然なことだと言えます。
 
今回はそんな、子育てが終わったときに感じる虚無感から抜け出すためのヒントをご紹介します。
 

子育てが終わったときに感じる虚無感から抜け出すためのヒント1 ペットをおむかえする

 

子どもが巣立っていってしまった後の虚無感を、空の巣症候群と言います。
名前がついているくらいですから、誰にでも起こり得ることなのです。
 
今まで実家という巣でぬくぬくと育ってきた子どもたちが巣立っていくのは、その子が立派に育った証ですから、大変喜ばしいことです。
 
ただ同時に、今まで多大なエネルギーを注いできた子どもがいなくなることは、虚しさをともないます。
その虚しさを埋めるために、新たに何かを育てる、という方法が考えられます。
 
たとえば、猫や犬、文鳥などのペットを迎え入れることを検討してもいいでしょう。
 
動物は荷が重いという方は、ハーブやオリーブ、ヒヤシンスなどの育てやすい植物や花を育てることを検討してみましょう。
 
愛情を注ぐ対象が見つかれば、虚しさが和らぐ場合もあります。

子育てが終わったときに感じる虚無感から抜け出すためのヒント2 子どもがいたらできなかったことをやってみる

 

子どもがいたらできなかったことをやってみましょう。
 
長期の海外旅行から、一日中だらだらしてネットフリックスを見るのもいいでしょう。
自由を謳歌するうちに、虚無感は開放感に変わっていくかもしれません。
 

子育てが終わったときに感じる虚無感から抜け出すためのヒント3 夫との関係を見直す

 

夫との関係を見直してみましょう。
夫婦ふたりになったことをきっかけに、旅行に行くなど、夫とより親しくなってもいいですし、子育てという事業を終えて、コンビを解散するのも良いでしょう。
 
夫と別々の道を行くことになれば、新しい恋愛も期待できます。

子育てが終わったときに感じる虚無感から抜け出すためのヒント4 資格取得や勉強、趣味を始める

 

今さら勉強しても何にもならないと思っていませんか?
 
子育てを終えてから資格を取って仕事を始めることは可能です。
また、仕事にならなくても趣味を始めることで、日常を輝かせることはできます。
 
新しい趣味や勉強を始めることで、世の中を見る目も変わり、付き合う人も変わります。
 
子育てが終わって虚無感を感じているときには、「もう私の人生は終わった」「新しいことなんて面倒」と感じるかもしれませんが、重い腰をあげて一歩を踏み出してみましょう。
 
世の中は広いのです。
ちょっと視野を広げてみることで、「こんな面白いことがあったんだ」とワクワクできる世界を見つけられるかもしれません。
 
今来 今/ライター
 
■「女の幸せ」をつかめる女性とは?
■旦那が抱いてくれない……結婚後の悲惨な夫婦関係
■「貯金がない女性」でも、簡単に始められる「お金を貯められる習慣」

夫婦】の最新記事
  • ふたりで行うことに意味がある!出産前に夫婦でやっておきたいこと5つ
  • 家族が増えても夫婦仲良しでいたい!先輩に学ぶ秘訣
  • 実録!夫が弱ったときに追い打ちをかけるかのように難題をふっかける妻たち
  • 褒めても叱っても伸びなかった夫の「家族能力」が目覚めた瞬間とは?
  • 一緒にいるだけで地獄!妻を苦しめる「エネ夫」エピソード
  • 「旦那のお財布は自分のお財布」妻の金銭的ジャイアニズムは何故起きるのか?
  • 子育てが終わったときに感じる虚無感から抜け出す方法
  • 育児ではまったく役たたず!そんな夫でも頼りになる瞬間とは?