怒ったら手が付けられなくなるような奥さんだったら、男性は常に怯えて生活をする羽目になるかもしれません。
 
そんな奥さんが激怒をしたら、とんでもない目に遭ってしまうことでしょう。
 
そこで今回は、「キレる妻」に怯える夫のエピソードを紹介します。
 

急に「暴力的」になる

 

「前の妻は怒ると暴力を振るう人で、めちゃくちゃ大変でした。やり返すわけにもいかないので、一方的に叩かれ続けてましたね…」(20代・男性・映像制作)
 
男性に限らず、女性でも怒ると暴力的になる人というのは少なからずいるもの。
 
そのため、妻に暴力を振るわれるのが怖くて、日々怯えて暮らしているという男性も…。
力では勝てるのかもしれませんが、精神的に制圧されていると、何もできなくなってしまうのでしょうね。

延々と「無視をされる」

 

「妻が怒ると何が怖いかって、とにかくずーっと無視をされることですね。もう家にいても息苦しいだけなので、会社で無理やり残業するしかないです」(30代・男性・広告代理店)
 
ひたすら無視をされ続けるというのは、ある意味、もっともつらい仕打ちと言えるかも。
 
特に、同じ家で一緒に暮らしている場合には、そのつらさはさらに倍増するでしょう。
謝っても許してもらえず、話し合いを持つ機会も持てないままだと、どうしたらいいのかお手上げ状態になってしまいますね。
 

「ヒステリック」になる

 

「とにかく奥さんを怒らせないように日々気をつけています。怒るとヒステリックを起こして、大声でわめき散らして大変なことになるので、それだけは避けるようにしないと…」(30代・男性・自営業)
 
感情の起伏が激しい女性のことを苦手に感じる男性は、そもそも多いです。
 
そのうえ、怒ったときにヒステリックになられると、もうどうしたらいいのかわからなくなってしまうはず。
普段とヒステリックになったときのギャップが大きければ大きいほど、男性からすると恐怖感は大きくなるのかもしれませんね。
 

長時間に渡り「説教をされる」

 

「妻のほうが年上なのもあって、キレるとかなり長い時間、説教をされることになります。朝から晩まで一日中グチグチと言われ続けたこともありますね…」(20代・男性・金融関係)
 
長々と説教をされるのは、かなりの精神的苦痛を感じる行為です。
 
延々と正論を一方的に突きつけられたら、何も言い返せないので、どんどん追い詰められていくだけ。
そんなことを妻に何度もされたら、男性は次第に怯えるようにもなってしまうでしょう。

さいごに

 

怒るにしても、あまりにもひどい仕打ちを受けるのであれば、関係性自体を考えたほうがいいのかもしれません。度を超えていないかどうかは、しっかりと判断するべきですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■古今東西、夫から愛され続ける妻がやっていること
■夫が不倫したら「どうとっちめる?」サレ妻が設けた夫への強烈な罰則エピソード(前編)
■離婚したいけど我慢してる――夫婦関係の全てが終わった妻の離婚へのカウントダウン【前編】

夫婦】の最新記事
  • あまりにも怖すぎて……「キレる妻」に怯える夫のエピソード
  • 夫が帰ってこない……夫婦喧嘩で家出した夫の裏切りとは?(前編)
  • 父になる夫、女になる妻
  • 夫が不倫したら「どうとっちめる?」サレ妻が設けた夫への強烈な罰則エピソード(前編)
  • 育児疲れで家事に手が回らない! 夫が子供を連れて実家に帰った話【後編】
  • 育児疲れで家事に手が回らない! 夫が子供を連れて実家に帰った話【前編】
  • 自称イクメン夫の行動にうんざり! 衝突ばかりの育児奮闘記【前編】
  • 大人になっても結婚しても恋愛が大切な6つの理由