原因があって恋人と別れたものの、「やっぱり元恋人」と復縁したいと切に願う人も少なくないでしょう。
 
復縁を成功させるには、どんなアプローチをすればいいのでしょうか。
 
元カノや元カレに積極的にアプローチをするには、LINEのメッセージが効率的です。
 
復縁を成功させるLINEの送り方を解説します。
 

(1)別れてから数ヶ月後

 

「よりを戻したくなった元彼とは、ほぼ100%の確率で復縁しています。別れた直後にLINEを送るのは絶対にNGなんです。
 
男性は別れた後に、破局した事実を受け止めようと必死で、復縁どころではありません。
失恋を受けとめ、気持ちを落ち着かせ、冷静になった後にまた恋愛をしようという気持ちになるまで待つ必要があります。
 
別れて1ヶ月後でも短いくらいなので、2ヶ月後に送るようにしていますね」(27歳女性・事務)
 
別れたばかりの元カノから連絡が来ても、戸惑うだけだという人もいるでしょう。
 
恋愛の価値観は人それぞれのため、一概には言えません。
しかし数ヶ月は待つ必要があるでしょう。

(2)イベント時に送ってみる

 

「誕生日やクリスマス、正月など、恋人同士が過ごすことが多そうなイベントにLINEしてみるのがいいかなと思います。
 
自分の誕生日にメッセージをもらって、不愉快になる人はそういないでしょう。
また既読無視をせずに、何かしら返信する確率が高い気がします」(25歳女性・IT)
 
恋人同士が過ごしそうなイベントの前日や当日は、昔の恋人のことを思い出したり、人肌恋しくなったりする人もいます。
 
「元カノ、今頃元気に過ごしているかな?」と思った頃に連絡するのがよいでしょう。
 

(3)相手のSNSの投稿に関する質問をする

 

「別れた後も元彼のSNSは、こまめにチェックするようにしています。
新しく彼女ができたかどうかをチェックするという意味合いもありますが、一番はLINEを送るタイミングを見計らうため。
 
元彼が旅行に行ったらしい投稿を見つけたら、1週間後くらいに旅行に関するLINEをします。
 
“この間、東京旅行に行ってたよね? おすすめのお店教えてほしいんだけど”という内容で送ってみることもあります。よほど嫌われていない限り、教えてくれますよ。
 
深刻な感じではなく、あくまでも気軽な質問にするのがポイントです」 31歳女性・医療)
 
相手が返信しやすい内容で、特に復縁を求めていないような、友達にも送れそうな内容にするのがコツ。
 
相手が情報を教えてくれたら、お礼と称して食事の約束を取り付けるのがスムーズです。
 
このLINEで返事がない場合は、脈なしか、もう少し時間が必要なのかもしれません。

(4)アイコンが変わったタイミング

 

「元カレに連絡するのは、相手のアイコンが変わったタイミングですね。
心機一転アイコンを変えたのかもしれないので、“そのアイコンいいね”なんて、軽いLINEを送ります。
 
短いやり取りが終わった後に、食事デートに誘うこともあります。きっかけが大事なんですよ」(25歳女性・アパレル)
 
髪型やファッションを変えたなど、アイコンの中の元恋人の変化に気づいてあげるのもポイントです。
 
あまりに細かく突っ込むと、「そんなに細かくチェックしているの?」とドン引きされる可能性があります。
 
軽く褒める程度に留めておきましょう。
 

復縁を迫るのは慎重に

 

一度交際したことのある相手なら、簡単に復縁できると思いきや、意外に難しいのもの。
 
お互いの短所だけでなく、長所を知っているからこそ、次の手が読めてしまうのでしょう。
 
また相手が「もしかして、復縁したがっているのかな?」と早い段階で気付けば、拒絶される可能性もあります。
 
慎重に相手の反応を見ながら、徐々に関係を縮めていきましょう。
 
(番長みるく/ライター)
 
■「男ってバカね」歴代最高だった彼女と復縁したくなる男性心理
■元彼と復縁するためには「まず友人になる」という選択肢が有効
■元彼と復縁することは可能?元カノに対する男性心理とは

復縁】の最新記事
  • 復縁を成功させるLINEの送り方
  • 別れた恋人が連絡を取ってくるのはなぜ?
  • 復縁だけじゃない、 別れた彼氏がデートに誘ってくる理由とは?
  • ずっと温めていた恋が叶ったのに音速でフラれたら……復縁を考える? それとも諦める?
  • 元彼と復縁するためには「まず友人になる」という選択肢が有効
  • この恋はもう賞味期限切れなの? 頑張って復縁成就した先にあるもの
  • 元彼の態度から探る「復縁の可能性」が低いのはこんな態度
  • 交際期間別! 別れてから復縁までに置くべき冷却期間の長さ