子育てはもちろん、パパとママのふたりで行うものですし、力を合わせて困難を乗り越えられたらベストでしょう。
 
そのためには、何をしてほしいのかは、はっきりと伝えておいたほうがいいかもしれません。
 
そこで今回は、夫に知らせるべき「子育てでやってほしいこと」について紹介します。
 

子どもと「遊んでほしい」

 

「とにかく子どもとたくさん遊んでほしい。やっぱりパパと遊んでいるときは子どももすごくうれしそうなので、もっともっと楽しませてあげてほしいです」(30代・女性・薬剤師)
 
子育てに関してのパパへの一番の要望と言っても過言ではないのが、子どもと遊んでほしいということ。
 
パパにしかできない遊びもたくさんあるし、パパとのコミュニケーションで得るものも多いので、そういうことを子どもに体験させてあげてほしいという思いは強いはずです。
 
また、子どもを連れて公園などに行ってくれたら、その間に家の片づけができるというメリットもあるので、子どもと遊んでもらえたらすべてにおいてママにとってもプラスになるでしょう。

「ひとりの時間」がほしい

 

「たまにでいいので、ひとりになれる時間がもらえると本当にうれしい。ずっと子どもに付きっきりだから、パーっと発散したいときもあります」(20代・女性・主婦)
 
子どもが生まれると、ママはひとりになれる時間がほとんどなくなってしまうもの。
 
ほぼワンオペ状態で育児をしているママであれば、常に子どもと一緒にいるので、さすがに息も詰まってしまうでしょう。
 
美容院に行ったり、ショッピングに出かけたり、友達に会いに行ったりといった時間をたまには作ってあげると、ママもリフレッシュができますよね。
 

「寝かしつけ」と「夜泣き」の対応

 

「寝かしつけをやってくれるのが一番うれしいです。その間に家事も片づけられるし、ちょっと一息つけたりもするので」(30代・女性・商社)
 
寝かしつけと夜泣きの対応は、子育てのなかでもかなり大変な作業だと言えます。
 
それをパパがやってくれたら、ママとしてはかなり助かるし、貴重な睡眠時間を確保することもできるはず。
 
毎回ではなくても、疲れが溜まっているときややらなければいけないことがたくさんあるときには、パパが寝かしつけをしてくれたらかなり助かるでしょう。

「話」を聞いてほしい

 

「育児のことはわからなことも多いから、もっと一緒に色々と話し合いたいです。仕事で疲れているのはわかるけど、あまり真剣に話を聞いてくれないので」(20代・女性・広告代理店)
 
初めての子育てであったら、わからないことや不安に感じることがたくさん出てくるもの。
 
それはパパとも共有したいでしょうし、一緒に力を合わせて乗り越えてもいきたいでしょう。
 
だからこそ、色々と話を聞いてほしいという思いは強くなるので、しっかりとコミュニケーションを取ってくれるパパだったら、心強い味方としても感じられますよね。
 

さいごに

 

なかなか察することができない男性は多いので、どう思っているのかは伝えないとわかってもらえないかも。
 
できるだけ育児ストレスを減らすためにも、夫婦でコミュニケーションを取ることは欠かせないでしょう。
 
(山田周平/ライター)
 
■そこまで口出しするのか!? 子育てに過干渉になる姑【前編】~過干渉が引き起こした事件
■一緒に子育てをする前提で見た「良い男性」とは?
■育休中の母を悩ます「姑対応」面倒を減らす方法は?

育児】の最新記事
  • 子供が「パパ大好きっ子」になるためには?父親の育児
  • 子ども自慢に精を出すママたち……SNSマウントの現状
  • 被害者が教える! 距離を置きたい要注意ママ友の見分け方
  • 納得!低月齢赤ちゃんの育児で悩むポイントはこれ!
  • ママ友同士の信頼関係が揺らいだ瞬間3選
  • 子ども自慢が趣味!マウント大好きママ友のエピソード
  • 言わないとわからない!夫に知らせるべき「子育てでやってほしいこと」
  • 「わかりみが深い」育ママがかけてほしい言葉はコレ!