浮気って、どう転んでも褒められないことですよね。当たり前です。
 
誰にでも魔が差すということはあります。
パートナーとうまくといっていない、喧嘩している、倦怠期、などでついほかの異性に目が向いてしまうことってあるのです。
 
しかし、浮気をしたことによって、パートナーのことを以前よりも大切に思える、ということがあるのです。
 
そんなふざけた論理があるものか、あったとしてもまかり通らせてなるものか、と思う方はすこぶるまっとうな方ですが、その逆説的な「浮気をすることでパートナーの大切さがわかる心理」もまたこの世にゼロではないのです。
 
今回はその理由を解説します。
 

浮気相手は愛してくれないと知る

 

「浮気相手は所詮浮気相手。あちらからしてもそんな感じで、浮気相手との付き合いが長くなってくうちに、あ、これ、愛されてるわけじゃないな、彼とは違うな、ってわかった」(29歳/事務)
 
「浮気相手は結局寄り添ってくれない。都合のいいときだけ。いつも支えてくれるのは彼女でしたね」(27歳/営業)
 
不思議ですが、浮気相手ってそれ相応の愛し方しかしてくれないんですよね。ちゃんと愛されたことがある人なら、その違和感にすぐ気が付けるはずなんです。
 
まれに浮気相手のほうにどっぷり惚れ込んでしまってそのことに気が付くことができないこともありますが……。

愛のないセックスと恋人とのセックスの違いを知る

 

「浮気相手とのセックスはやっぱり遊びっぽい。そんなに相性がバッチリいいってわけでもないし、愛がないとやっぱりなんか違う」(27歳/営業)
 
「浮気相手とのセックスは刺激的だったけど、何回もしたいとは思わなかった」 (25歳/不動産)
 
これが、純粋にセックスだけを楽しむセフレなら愛がなかろうが成立するのかもしれませんが、心も伴おうとしている浮気相手の場合、本命とのセックスの愛のちがいにはガッカリしてしまうようです。
 
特に女性側は、愛されていない男性から抱かれたところでなんの幸せも感じられませんよね。
 

浮気がバレても許し、受け入れてくれた

 

「なんか汚い話ですけど、バレたのに許してくれた彼女をさらに好きになっちゃいました。ダメな自分をわかってくれたような感じで」(31歳/建築)
 
「バレて絶対嫌われると思ったんですけど、許してくれて……自分が逆に情けなくなって、彼を大切にしようと決めました」(24歳/営業)
 
これは男性側の意見に多いようです。火遊びで浮気をしてしまったけれど、彼女はこんな自分を許してくれた……そのやさしさでパートナーの大切さに改めて気づかされるということ。しかし、全面的に許してしまうと再犯が怖いので、ある程度のクギはさしておきたいですね。
 

浮気成立寸前で恋人が頭に浮かんだ

 

「彼氏とうまくいってないときに先輩といい感じになって、家まで行っちゃって、迫られて。もう浮気確定と思ったんですけど、その瞬間彼氏の顔がふと浮かんで、ダメだってなって。」(27歳/販売)
 
「浮気相手に好きって言われてしまって、自分も好き、と言いかけたのですがその瞬間彼女の顔が浮かんで。あー僕が好きなのは彼女なんだなって」(26歳/医療)
 
このエピソードのシチュエーションだと、あとはお互いの欲望に身を任せ浮気ロードまっしぐら……が普通ですが、その寸前で恋人の顔が浮かぶ、というのは心の底からパートナーを愛してる、と気が付く瞬間ですよね。
 
罪悪感がなせる業なのかもしれませんが、相手への信頼関係が試される場面です。

浮気することでパートナーの良さが身に染みることもある

 

浮気はもちろん一般的には許されることはでありませんが、ほかの異性をみることで長年連れ添ったパートナーの良さを再確認することはもちろんあるようです。
 
恋愛は弱肉強食の世界でもありますから、たとえ浮気されたとしても浮気相手よりも魅力的でい続ければ良い、というシンプルなことだけ覚えておけばいいのかもしれません。
 
(mashu/ライター)
 
■浮気なんてしなきゃよかった! 男性が心底後悔した瞬間
■コレって浮気?「一線を越える」の一線とは
■痛快! 浮気男を見返したエピソード

浮気】の最新記事
  • 女性の浮気が本気になる瞬間とは?
  • 彼氏のスマホを見て後悔。3つの浮気発覚エピソード
  • 旦那が本気の浮気をしていたエピソード
  • 男の浮気を完全封殺!「束縛の妻たち」が語った恐るべき奇策とは
  • 浮気する男性の見分け方5選――その行動、あやしいかも?
  • 当てはまってない?いつも「浮気されちゃう」女性の共通点
  • 違いを知りたい!「浮気」と「不倫」の境界線は一体どこなの?
  • 彼から愛情が伝わってこない……それもそのはず、あの野郎私に隠れて浮気していました【後編】