ライターの大久保 舞です。
彼氏に浮気をされたくない、彼氏に実際浮気をされて困っている⋯⋯。
そんな悩みを抱えている女性は少なくないと思います。
彼氏の浮気を防止するためには、一体どうすればいいのでしょうか。
 
今回は、筆者が女性に「恋人の浮気防止策は何かありますか?」とリサーチした結果と、筆者自身が見聞きしてきたことなどを元にお伝えします。
 

⋯⋯「ない」

 
「ない」(20代・大学生)
 
「とくになしです」(20代・接客業)
 
ない、といった意見があまりにも多かったため、一部のみ掲載します。
浮気はされるほうも悪いという意見もありますが、浮気をする人の中には、誰と付き合っても浮気をする人もいるので、防止策は「ない」というのも、無理もない気がします。
 
「(彼氏が)浮気をするのは構わないけれど、浮気をされた瞬間、私は別れます。二度と許せないし、許せてもずっと根に持つと思うので、幸せになれないかと。それは彼氏にも事前に話してありますね」(20代・アパレル)
 
早くも結論になってしまいますが、浮気をされたら別れる、ぐらいの気持ちを持っていたほうがいいのかもしれないですね。
 

それでも、できること

 
「あなたを気にかけてるよ。とサインを送っておく」(20代・自営業)
 
筆者がよく言ったり書いたりしていることなのですが「女性は本命に相手にされない寂しさから浮気をすることがある」というものです。
これは女性だけに限った話だけではなく、男性でも、彼女が冷たいからということで、浮気に走る、ということも、ないわけではありません。
 
彼氏が寂しがりやであるなら、お互いのためにも、寂しい思いをさせないことが必要なのかもしれませんね。
ただこちらも「寂しいからといって浮気をするような男とは別れたほうがいい」という結論を出せてしまうのですが⋯⋯。
 

彼氏を疑いすぎると、実際に浮気されることも!?

 
浮気防止策とはまた違いますが、彼氏を疑いすぎたことによって、実際に浮気されるようになってしまったケースもあります。
筆者の知人のエナさん(仮名)は、彼氏が浮気していないか、常に心配していました。
会う度に「浮気してない?」、「私より好きな人ができたんじゃない?」と、彼氏に問いただす始末。
 
最初のうちは「お前だけだよ」と優しく接してくれていた彼氏ですが、エナさんのあまりの疑い具合に、とうとう彼氏は「分かった、そんなに疑われるなら、実際に浮気してやる!」と激怒し、実際に浮気をするようになってしまいました。
そこでエナさんは、悲しむかと思えば、彼氏に対して、驚きの一言を放ったそうです。
 
「ほら、やっぱり浮気してたんだね」
 
⋯⋯これはなんだかホラーチックな話ですが、実際にあった話です。
彼氏の浮気防止策は、そもそも、真の意味で良好な関係が築けているカップルであれば、考える必要はないもの、だという証拠なのかもしれませんね。
 

まとめ

 
今回は、最初から結論が出ていた記事ではあるのですが、浮気をする、ということは、基本的に、パートナーに対する最大の裏切り行為です。
浮気防止策を考えないといけないような彼氏なら、いっそのこと別れてしまう、というのも一つの手かもしれません。
 
浮気をしない男はいない、ともいいますが、浮気をしない男性だっていっぱいいます。
彼氏の浮気防止や、浮気に悩む方は、二人の関係に必要なのは、浮気防止策なのか、別れなのか、一度冷静に考えてみたほうがいいのかもしれないですね。
 
(大久保 舞/ライター)
 
■いつも二番目になる愛人体質とは? 愛人体質は変えられる
■浮気占い|あなたの彼氏は浮気しているかも?
■浮気、ヒモ、DV…ダメ恋を経験した女性が陥る「不幸せを選ぶ罠」
 

関連キーワード
浮気】の最新記事
  • 男が浮気をしたくなる彼女の言動
  • 「自分から誘ったことはない!」浮気した男性のあきれた言い訳5選
  • 大事にされたいなら絶対守って!「浮気を許す女」になってはいけない
  • マーケティング手法を彼氏に応用!相手の浮気を防止するには
  • ダメだと分かっているけれど…女が浮気に走るとき7選
  • 男は見ていた! 「浮気性の女」の特徴
  • 彼氏の浮気用のアカウントの特定方法3選
  • 心理カウンセラーが教える…彼氏に浮気をさせない方法