「浮気」と「不倫」は、一見すると同じことのように思えますが、その境界線はどこにあるのでしょうか。
 
人によって考え方や捉え方は異なるでしょうが、やはり線引きになる部分はどこかにあるはずです。
 
そこで今回は、「浮気」と「不倫」の境界線について紹介します。
 

「体の関係」があるか

 

「やっぱり体の関係を持ったら、もう完全に不倫ですね。もしそうなったら私は許すつもりは一切ないので、即離婚しようと思っています」(30代・女性・歯科衛生士)
 
未婚者がパートナー以外の人と体の関係を持つのは「浮気」ですが、既婚者が同じことをすると「不倫」になります。
 
そのため、明確な線引きとして、体の関係があるのかどうかというのは、やはり大きなポイント。
 
体の関係はなく、なんとなく気持ちが傾いてしまったとか、デートを何度かしたくらいなら、不倫にはならないのかもしれません。

「期間」の長さ

 

「何年間もほかの女とデキていたら、それは浮気なんてレベルじゃないです。もはや本気にも近いので、もうそっちにいってくれって私は思っちゃう」(20代・女性・エステティシャン)
 
長年に渡って付き合い続けていたら、それはもうただの浮気とは言えないもの。
 
ちょっと遊んでしまったというものではないので、間違いなく深い不倫関係にあるということです。
 
この場合は、やられた側としては、簡単には許すことができないでしょうから、やり直すというのはきっと難しくなるでしょう。
 

「本気度」の強さ

 

「思いの強さが、不倫と浮気の境界線になってくるように感じます。すごく深い関係だったら、それは不倫なんだろうなって思います」(30代・女性・薬剤師)
 
文字通り、ちょっとした浮ついた気持ちであるなら、浮気なのかもしれません。
でもそうではなく、本気度が感じられるのなら、浮気を通り越して不倫になるのでしょう。
 
ただの遊びというより、もっと濃密な時間を過ごしている場合は、そこに少なからず心も入っているはずなので、もう浮気では済まされないですね。
 

「既婚者」と知っていたか

 

「結婚していることを知っていて関係を持つのは、不倫ですよね。ただの浮気というような軽い問題ではなくなってくると思います」(20代・女性・不動産)
 
既婚者と知った上での関係か、そこは知らずにいたのかも、とても大きな問題点。
 
ちゃんと知っていて一線を超えてしまうのは、浮気ではなく確実に不倫になります。
 
不倫になるのをわかっていて、それでも踏み込んでしまうのは、かなりタチの悪い行為なので、バレた場合にはそれなりの代償を伴うことにもなりかねないですよ。

さいごに

 

「浮気」よりも「不倫」のほうが重いものという認識の人が多いようです。ただ、どちらも裏切り行為であることは間違いないので、許すかどうかはしっかりと考えたほうがいいですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■「不倫になるか浮気で終えるか」男性が考えるボーダーラインとは?
■浮気される女性に共通する特徴とは?
■どこからが浮気? 浮気に対する男女の考え方の違い

浮気】の最新記事
  • 女性の浮気が本気になる瞬間とは?
  • 彼氏のスマホを見て後悔。3つの浮気発覚エピソード
  • 旦那が本気の浮気をしていたエピソード
  • 男の浮気を完全封殺!「束縛の妻たち」が語った恐るべき奇策とは
  • 浮気する男性の見分け方5選――その行動、あやしいかも?
  • 当てはまってない?いつも「浮気されちゃう」女性の共通点
  • 違いを知りたい!「浮気」と「不倫」の境界線は一体どこなの?
  • 彼から愛情が伝わってこない……それもそのはず、あの野郎私に隠れて浮気していました【後編】