「愛する男を独り占めしたい……若い雌狐に寝取られてたまるものか!」
 
ドス黒く渦巻く嫉妬の炎は、時として女たちを狂気へと駆り立てるようです。
 
筆者が知人の主婦たちからコッソリと打ち明けられた、あまりにもヒドい「夫の浮気防止法」を、勇気を振り絞ってここに暴露したいと思います。
 
読者のみなさんが、パートナーにこのような仕打ちをしていないことを祈りながら……。
 

「束縛の妻たち」はかく語りき

 

筆者はライターという仕事柄、よく主婦たちの開催する女子会(便宜的にこう呼んでおきます)にお邪魔させて貰います。
 
彼女たちが結婚に至った経緯や、結婚生活の問題点、婚活中の女性に対するアドバイスなどを拝聴するためです。
 
しかし、アルコールの魔力というものは恐ろしいもので、酒に酔った主婦たちの口からは、時々信じられないようなカミングアウトが飛び出します。
 
とくに「夫の浮気防止法」は恐ろしく、男性である筆者は背筋に冷たいものを感じずにはいられません。
 

その1:パンツに○○

 

「夫にはいつも、名前を書いた白のブリーフを履かせているの。
ほかの女の前で脱げないようにね。
 
正直、風呂上がりにパンツ一丁でうろつかれる時はゲンナリするけど、浮気されるよりずっとマシだわ。
それに良い大人が名前付きの白ブリーフって!」(結婚歴5年/36歳)
 

その2:逆タニタ食堂

 

「ウチでは旦那にカツカレーとか、ピザとか、ちゃんこばっかり食べさせて、ブクブクに太らせてやったわ。
 
結婚2年で体重は20キロ増! あんなデブ、もうモテないわね。
でも旦那が太ったら、今度はわたしが一緒に歩くのが恥ずかしくなっちゃった(笑)」(結婚歴2年/32歳)

その3:キッズ扱い

 

「探偵のサイトで調べたんだけど、浮気はいつも携帯電話から始まることが多いんだって。
 
だから私、夫の携帯を子どもとお揃いの『キッズ携帯』にさせたの。
GPSで居場所がわかるし、スマホと違って有害サイトも見れないでしょう? 
ちなみに私はスマホを使って全員監視しているんだけどね」(結婚歴10年/38歳)
 

その4:約束

 

「シンプルに『念書』を書かせたわ。
『浮気したら去勢します』って。私、やるって言ったら本当にやるタイプだから」(結婚歴3年/30歳)

その5:定点観測

 

「とにかく毎日ひとりでやらせる。
わたしがしたくない時は、ひとりでやるように強制する。
そして、濃度を調べて無駄打ちしていないかをチェックする」(結婚歴1年/28歳)
 

その6:彫り物

 

「太ももに私の名前のタトゥーを掘らせたわ。
『Tatsuko Love』みたいな、超ダサいヤツ。あんなの彫られたら風俗にだって行けないわよ」(結婚歴3年/27歳)
 

その7:メンヘラ

 

「旦那に向かって『浮気したら死ぬから』って、毎日呪文のように唱えている」(結婚歴5年/32歳)
 

相手を束縛するのは、自分にやましいことがあるからだ

 

防止テクニック、いかがでしたでしょうか?
 
はっきり言って、狂ってますよね。
 
言うまでもないことですが、これらの行為はすべて「モラルハラスメント」に該当するはずです。
 
他者愛よりも自己愛を優先するがために、常に相手を疑い、結果としてパートナーの尊厳を貶めるような行為をしているに過ぎません。
 
疑り合うよりも、信頼し合う関係を築きたいものです。
 
(yummy!編集部)
 
夏にまだ間に合う!ダイエットの敵「むくみ」を解消する方法
こんな婚活女子はイヤだ! 男を戦慄させる恐怖行動8選
「他に好きな人が出来た」彼の気持ちをもう一度取り戻す意外な方法
恋愛力アップ!すぐに美肌が手に入る和漢植物のスゴさ!

浮気】の最新記事
  • 彼氏のスマホを見て後悔。3つの浮気発覚エピソード
  • 旦那が本気の浮気をしていたエピソード
  • 男の浮気を完全封殺!「束縛の妻たち」が語った恐るべき奇策とは
  • 浮気する男性の見分け方5選――その行動、あやしいかも?
  • 当てはまってない?いつも「浮気されちゃう」女性の共通点
  • 違いを知りたい!「浮気」と「不倫」の境界線は一体どこなの?
  • 彼から愛情が伝わってこない……それもそのはず、あの野郎私に隠れて浮気していました【後編】
  • 彼から愛情が伝わってこない……それもそのはず、あの野郎私に隠れて浮気していました【前編】