仲がいいと思っていた彼が、実は浮気をしていた。でも、そこからなんとか関係を修復して、今では何事もなかったように。それでも傷ついた気持ちは癒えることなく、今でも彼に腹が立っている、なんてことはありませんか? 過去のこと、終わったことなんだから、気にしてはいけない、なんて思えば思うほど、彼への腹立ちが募りますよね。そんな「過去」だからこそどうにもできない気持ちのやりどころを、探ってみました。

 

何かあると彼にあたってしまう

 

浮気が発覚して、そこから彼も反省して、相手の女性とも縁を切ってくれて、なんとか丸く収まったはずなのに、ふとしたときに、思い出してしまうなんてこと、ありませんか? 悲しいのは、浮気されているときの自分がそんなこととは想像もせず、彼のことを信頼していたことです。「あのとき、出張だって言って、あの人と遊んでいたんだなあ」とか「私の誕生日の前の日に、もうひとりの彼女と泊まっていたのか」など、そのとき何も知らずに無邪気に喜んでいた自分まで馬鹿に思えて、やるせなくなるのです。そして、ついついその原因を作った彼を責めてしまう。どうしたらいいのでしょうか。

 

問題は彼以外にある?

 

彼が悪いのはもちろんですが、恋愛はふたりでするものです。彼だけが全面的に悪いのでしょうか。「私が悪いって言うの?」そう言いたいのはわかりますが、ちょっと待ってください。浮気は確かに悪いけれど、それにこだわって今を見ていないとふたりとも不幸になります。彼にいらだちをぶつけるなら、思い切って別れてしまえばいいのに、そうできないのは彼のことが大事だからですよね? そして、謝って反省した彼も、あなたを必要としていることです。それでも彼のことを許せず、いつまでも腹を立てているというのは、心の底で納得していないからです。浮気されて悲しい、というよりも、騙されたのが悲しい、馬鹿にされたようで悲しい、というほうが強いのではないでしょうか。
まずは、一度彼から考えを離してみましょう。なにより、自分で自分を大切にしてみてください。彼の存在があなたをイライラさせるなら、離れて別の趣味など見つけるのもアリです。ずっと彼の過去と向き合っているから、過去の浮気から離れられないのです。彼以外のことでいいですから、なにか現在を楽しむことを見つけましょう。そこから絡まった糸が解けるように、いろんなことが楽になっていきますよ。ぜひ試してみてください。

Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

浮気】の最新記事
  • 正直どれくらいあると思っている?彼氏が浮気する可能性
  • 浮気は「許す・許さない」じゃ割り切れない!実例で学ぶ愛の作法
  • 浮気してもいいよと思っても心に秘めよ!大事にされる女のタブー
  • 正直=誠実じゃない!浮気を認めるエセ正直男の本性とは?
  • ちょっと火遊びのつもりが…彼氏に浮気がバレたときの対処法!
  • 浮気は見過ごさない!今すぐ使える【彼氏の言動チェックリスト】
  • 心理カウンセラーが教える…彼氏に浮気をさせない方法
  • 無趣味、片付け下手…見抜かれがちな浮気性女の特徴