「○○歳? 若い! 私なんてもうおばさんだから」
「ほんとモテないから」
「私ってブスだから」
など、聞いてもいないのに自虐をしてくる女性っていますよね。
 
彼女たちは自分を下げて周りを上げているように見せかけて、実は周りの気分も下げているのです。
 

なぜ彼女たちは自虐するのか?

 
言われた人を面倒な気持ちにさせる自虐には2パターンあります。
 
ひとつは、「私ってかわいくないから」に代表されるような、「そんなことないって」待ちの自虐です。自分を下げていると見せかけて褒めてもらおうという気持ちが心の底にある自虐です。
 
もうひとつは、「もうおばさんだから」「この年で独身なんてやばい」に代表されるように、「おばさん=価値がない」「いい年をして独身=負け組」という価値観を内面化し、実際にコンプレックスを感じていて、その痛いところを相手から突っ込まれないように、防御として自己申告しているパターンです。
 

自虐する女性たちの有害さ

 
自虐は言っている本人、言われた周囲、両方にとってメリットがありません。
 
自虐する女性の有害さ1 自分のコンプレックスを垂れ流していてい見苦しい 自虐する女性をみて「すてきな人だな」と思うことはありません。本人は「自虐ネタで笑いをとった」と考えている場合でも、周囲は気を使って笑っているだけという場合がほとんどなのです。
 
自虐する女性の有害さ2 多様性を否定している・他人を傷つけている また、「もうおばさんだから」という言葉を30歳の人が言ったとして、周囲に35歳の人がいたらどういう気持ちになるでしょうか。「自分は年齢が上がることをネガティブにはとらえていないのに、一緒にしてほしくない」と思うでしょう。また、「この年で独身なんてやばい」と感じて自虐する場合は、無意識に自分だけではなく、周囲の「この年で独身」の人を下げている言葉を発していることになります。
 
つまり、自虐は、自分を下げていると見せかけて、周囲の人を巻き込み、他人に対しても「こういう人ってダメだよね」という価値観を押し付けているのと同じなのです。
 
自虐する女性の有害さ3 周囲の人に気を使わせる・ストレスを与える 自虐する女性の有害さの最たるものは、「周囲の人に気を使わせる」ことでしょう。自虐をしてきた女性に対して、「そんなことないですよ」と持ち上げないといけない義務感にかられる人も多いでしょう。自虐は、他人に気を使わせる行為なのです。
 

さいごに。自虐したくなるときもある。自虐する場合は親しい人限定にしよう

 
自虐することで、周囲の人に気を使わせたり、嫌な気分にさせたりしている可能性が多々あります。
 
どうしても自虐したくなった場合には、仲の良い友達や彼氏、家族の前で行いましょう。あまり親しくない人の前でしてしまったら、その人に居心地の悪い思いをさせてしまう可能性あります。
 
(今来 今/ライター)
 
■20代の「もう若くないアピール」の本当の意味・効果って知ってる?
■彼との恋愛があなたにもたらす「幸せ」とは?
■悲劇しか生まない! 合コンで笑いを取りにいってしまう女性
 

関連キーワード
魅力】の最新記事
  • 夏に気をつけたい!愛する彼に引かれないための体臭対策
  • 顔を見ただけで男性が興奮する!女性の“ある部分”とは?
  • 彼ウケと自分らしさの両方が大切! ほどよいオシャレを楽しむコツ
  • 「愛され女子になれ」という呪いから身を守る方法
  • 「おばさんだから」「私ってかわいくないから」自虐する女性は有害
  • 第一印象で勝負! 顔以外で印象を良くする方法
  • 女性が行っても楽しい!ストリップやショーパブの魅力
  • 年下彼氏にモテる女性 その魅力とは?