「フェロモン」という言葉を聞いたことくらいはあるでしょうか。男性を魅了するフェロモン、という言い方で使われることが多いですが。生物の世界では、このフェロモンが異性をひきつけているといわれています。
 
ですが、人間の嗅覚はそこまで鋭くなく、フェロモンが異性をひきつける作用は少ないようです。しかし、匂いからパートナーの相性を見極めるという、話を聞いたことがある女性もいるのでは?
 
もしかしたら本能レベルで、私たち人間もフェロモンの影響を受けているのかもしれません。
 
今回は、フェロモンでモテる女性になるためのヒミツを探ってみました。
 

規則正しい生活、バランスの取れた食事

 

好きな人の匂いを嗅ぐと、安心する人も多いでしょう。自分とは違う遺伝子を持つ相手の匂いに、居心地の良さを感じるといった、言い方がされることもありますよね。
 
というのも、フェロモンを匂いに置き換えて考えてみると、匂いを作っているのはホルモンの作用が大きいようです。男性が女性の匂いに惹かれたり、女性が男性の匂いにときめいたりするのも、男女のホルモンが関係しているからです。
 
女性ホルモンのひとつエストロゲンは、女性の肌をキレイにしたり、女性らしい体を作ったりするホルモンです。
 
こうした女性ホルモンは、生活環境により分泌がかわるそうです。仕事に追われて疲れが取れていなかったり、睡眠不足や、ストレスをため込んでいると、本来分泌されるものがされないことも……。
 
また食べるものによっても、人の匂いは大きく変わるともいわれています。たとえば焼き肉やスナック菓子など、脂っぽいものを取ったあとの自分の体臭が気になる女性も多いのでは。
 
規則正しい生活をすること、心身を十分休ませてあげること。そして、バランスの取れた食事、適度な運動など、健康に気を配ることが、いいフェロモンを作ると考えてみてください。

ムダ毛ケア、体臭ケアに過敏になり過ぎない

 

女性にとっては大敵なムダ毛。でも、このムダ毛、何もまったく不要なものとは限らないようです。というのも、匂いに関していえば、ムダ毛はあったほうが、異性にフェロモンを効かしやすいといえます。
 
たとえばワキ。すでにワキの脱毛を済ませてしまっている人もいるかもしれません。でも、ワキに毛があることで、自分の汗が周りに伝わりやすく、男性はあなたの匂いを感じやすく、興奮を得やすいといえるでしょう。
 
ワキは体臭やフェロモンがわかりやすい部分ですから、もちろん、清潔に保つために、シャワーを浴びたり、処理をするのは大切です。
 
しかし、過度にやってしまうと、せっかくのフェロモン効果をゼロにしてしまう可能性も。ほかにも、香水やデオドラントスプレーなどにも、同じことがいえるでしょうか。
 
しかし、結局のところ、そうは言っても、現代ではワキ毛の処理はあたりまえになっていますから、生やしておくほうが難しいでしょうけれど。

楽しく幸せに毎日を過ごす

 

女性ホルモンのひとつエストロゲンを分泌させるには、恋愛をするといいといいます。とはいえ、必ずしも人を好きになる必要はありません。たとえば身の回りにいるやテレビ越しのイケメンにドキドキしたり、二次元などのイケメン男性にキャラクターを見ているだけでもいいのです。
 
ほかにも、美味しいものを食べたり、気心知れた人と遊んだり。楽しいと感じることや、幸せだなと感じることをするだけでも、エストロゲンは幸福ホルモンと一緒に分泌されるようです。
 
毎日を楽しく、幸せに過ごす努力をすることが、ひいては自身のフェロモンを高めるといえそうですね
 

さいごに

 

振り返ってみれば、それぞれポイントがクリアできている女性は、たしかにモテる女性といえそう。ぜひ魅力的な女性になるべく、自身のフェロモンを見直してみては。
 
(柚木深 つばさ/ライター)
 
■彼をエッチな気分にさせる!香りで男性をベッドに誘う方法
■夏に気をつけたい!愛する彼に引かれないための体臭対策
■フェロモンを出すには納豆を食べればいい?

魅力】の最新記事
  • モテる女性が持っているフェロモン、どうやって手に入れる?
  • 20代後半の女性は知っておきたい「エロい」と「色っぽい」の違い
  • AカップのAは「Angel(エンジェル)」のA!全てのおっぱいには意味がある
  • 顔を見ただけで男性が興奮する!女性の“ある部分”とは?
  • 「なんか、いい……♡」男性が女性に色っぽさを感じる瞬間
  • 気になる男性の視線がおっぱいに!正直どう見せたらいい?
  • 好きになっちゃうかも!女性が惚れそうになるイケメン女性
  • 夏に気をつけたい!愛する彼に引かれないための体臭対策