近年、結婚を機に仕事を退職する人は少なくなっています。出産を機に離職するという人は多くても、結婚するから退職、とすぐに考える人はあまりいないでしょう。共働き家庭が増えているため、結婚しても働き続ける必要のある女性は増加しています。
 
寿退職の代わりに女性が(ときには男性も)検討するようになったのは、寿転職です。
 

寿転職をする理由とは? どんなメリットがある?

 
寿転職とは、結婚を機会に転職することです。
 
寿転職には大きく分けて2パターンあります。ひとつは、配偶者の転勤などの事情でしかたなく転職を考えるパターン。もうひとつは家事や出産、働き続けやすさなどを見据えて主体的に仕事を変えるパターンです。
 
寿転職にはさまざまなケースが考えられます。
・夫の仕事が忙しく、自分の仕事も忙しい。家事や育児なんて到底できないから、定時で働きやすい仕事を探そう
・今の会社は、子供を産んで働き続けている女性がいない。もっと女性が働き続けやすい仕事がしたい
・夫が自営業で経済的に安定しないから、もっと稼げる仕事に転職したい
など、キャリアアップするか、キャリアダウンするかも、寿転職の理由によって異なってきます。
 
結婚をきっかけに寿転職をするメリットは、家庭と両立できる働き方ができること、将来のプランが立てやすくなることです。また、結婚を機に名字が変わる場合は、会社で行うべきさまざまな変更手続きをする必要がなくなる、というメリットもあります。
 

寿転職をする際の注意点。コミュニケーションをしっかりとろう

 
寿転職を考えている方は、まずはしっかりと準備を行いましょう。
 
大切なのは、配偶者と考えを共有しておくことです。家庭のことを考えての寿転職の場合、ひとりで進めてしまうのは得策ではありません。ふたりで将来のことを話し合ってから、どういった職場に転職するのかを決めましょう。
 

寿転職のデメリットとは?

 
寿転職にはメリットもありますが、デメリットもあります。
 
転職したあとにすぐに妊娠が発覚した場合に、転職したばかりで産休・育休をとることに対して後ろめたさを感じ、居づらくなってせっかく転職できた会社を辞めてしまう場合もあるようです。寿転職をする場合には、いつごろ子供が欲しいかなども検討しておくとよりよいでしょう。
 

さいごに。結婚後の働き方は自分次第。自分が望むライフスタイルを見極めよう

 
今回は、寿転職のメリット・デメリットについて解説してきました。
 
「結婚したら、仕事をやめて家庭に入り、自分はパートなどをしてゆるく働きたい」という人もいれば、「共働きで家事を分担したい。産休・育休をとって長く働ける仕事をみつけたい」という人もいます。
 
どちらが正解ということはありません。パートナーと話し合って、どういった生活を自分たちが望むのか、またそのためには何が必要なのか、をじっくりと見極める必要があるでしょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■社内恋愛がきっかけで職場の人から受けた嫌がらせ
■仕事占い|続ける?辞める?今転職したらうまくいくのか
■結婚の転換期キタ? 今と昔の夫婦の違いとは
 

関連キーワード
転職】の最新記事
  • 「転職して年収は下がったけど満足」と語る女性の話
  • 男女に聞いた! 転職を決意した瞬間 3選
  • 寿退社ならぬ、寿転職ってあり?
  • 専門職には専門の転職サイト! 保育士に特化した転職とは?
  • 自分にあった「天職」の見つけ方と考え方