網野新花です。
 
今年も彼へのクリスマスプレゼント選びに頭を悩ませる時期がやってきました。そこで今回は、20代、30代の男性に「彼女からもらってガッカリしたクリスマスプレゼント」を聞きました。この情報をもとにガッカリ度が高かったものTOP5を発表します。
 
これを読めば、彼に微妙な反応をされず、そっと引き出しやクローゼットに仕舞われないクリスマスプレゼントがわかりますよ。
 

1位 好みじゃないもの

 

堂々の第1位に選ばれたのは「好みじゃないもの」でした。寒い時期ですから、上着・アウターのプレゼントも考慮に入りますが、好みではないコートやジャケットをもらっても、かさばりますし、タンスの肥やし状態になるのは瞬時に想像できます。
 
「おぉ!……おぅ、あり、ありがと……ありがとう!嬉しいよ!!(これ、着なきゃいけないのか……。一度くらいは着てあげないとな)」こんなに無理をしているのが丸出しの反応をされたら、自尊心が崩壊しかねません。
 
自分のセンスのなさにガッカリするばかりか、相手の男性からも「俺のことあんまりわかってくれてないな」「押しつけがましい子なのかな」などと思われてしまうかもしれません。
 
もはや常識と言っても過言ではありませんが、洋服や身に着けるアクセサリー類は、一緒に選ぶか、「好み」に左右されないものを選ぶべきでしょう。
 
今回のヒアリングでは、バッグやハイブランドの洋服、アクセサリーなど、さまざまな書き方がありましたが、合計で21票も獲得しています。
 
「デカすぎる洋服。ビッグシルエット好きなので渡されたと思うのだが、好みではない。ぱっと見で全然系統が違う。考えが安易だし、友達との相談でノリで決めた感が否めない。」(24才/会社員)
「好みではないアウター。いつも同じような上着を着ていたからだと思うが、好みじゃなかった。申し訳ないと思いながらも一度も袖をお通さずに押し入れに。」(33才/会社員)
「ドンキで買った服。お金がないから安いものを探してくれたのかもしれないが、普通にうれしくない。」(20才/会社員)
 
クリスマスプレゼント特集でよく、「バッグやアクセサリーがおすすめ」と紹介されます。ですが、商品が良いものでおすすめなだけで、彼におすすめかと言えば、そんなことはありません。好みを完璧に把握していないと、とってもリスキーなので、やめておきましょう。
 

2位 「冬の定番」プレゼント

 

続いて第2位になったのはマフラーや手袋、セーター。手編みと市販を合計して16票を獲得し、第2位にランクイン。
 
王道と言うべきでしょうか、やはり上位に位置しています。洋服に比べて手軽だし、好みもそこまで大きく別れないものです。相手との関係性を気にせずに贈れるものでもありますし、それだけ選ばれる率が高いということでしょう。
 
裏を返せば、それだけガッカリ系プレゼントになりやすい資質があるということでしょう。
 
「ドラえもんの手袋。ドラえもんが好きだと言っていたのでプレゼントされたが、大人の男性にキャラクターグッズはどうなのかと思う。使わないことを前提で渡してくれてるのならいいが、本気で使うと思っているところがつらい。」(36才/自営業)
「彼女から薄着だからという理由で手編みのマフラーを渡されたが、暑がりということを理解していないところにガッカリ。当然、使用頻度も低くなり喧嘩になりました。」(29才/会社員)
「理由はわからないけれど、手編みのマフラーをプレゼントされた。突然渡される手作りのものほど“圧”を感じるものはない。扱いに困って一度も巻かずにゴミになりました。」(28才/会社員)
 
値段も手ごろで数も豊富。洋服と違ってそこまで大きく好みに左右されません。そのお手軽さゆえに「★」や「♡」など、あからさまなデザインものなど、わざわざガッカリされやすい選択をしてしまうことも。
 
また、お小遣いの少ない学生時代なら手編みも可愛いものですし、手芸が得意、手芸が仕事だという場合ならいざ知らず。大人になってからの手編みだと“重い”ので、手作りをプレゼントするのはやめておきましょう。

3位 意味が分からないもの

 

第3位に選ばれたのは、ぬいぐるみでした。
 
「見た目が似ているからという理由でぬいぐるみを渡された。意味が分からない。俺にどうしろと?自己満につき合わされるのはマジで怠い。」(26才/大学院生)
「部屋が殺風景だからぬいぐるみをプレゼントされたけれど、逆に部屋に合わない。いや、意味が分からない。場所とるし、私だと思ってね、ということなのだろうか。俺はぬいぐるみに話しかけたりしない。」(28才/会社員)
 
「ぬいぐるみが似合うと思う。というワケが分からない理由でプレゼントされたが、意味が分からない。そして小さい。扱い方がわからないので、引き出しに放り込んであります。」(27歳/会社員)
 
確かにぬいぐるみはかわいいですし、彼氏が部屋で触れている姿を想像すると、プレゼントしたくなりますが、ほとんどの男性にとって好みでもなければ実用的でもないので、意味が分からないようです。やめておきましょう。
 

4位 あからさまに適当なもの

 

第4位にはお菓子類がランクイン。簡易で便利、コンビニやスーパー、駄菓子屋などで手に入る代物。これをプレゼントに選ぶ時点で相手の彼への気持ちもたかが知れています。
 
本気になってくれている彼氏なら、当然ガッカリ系プレゼントになりますよね。
 
「“じゃがりこ”をひとつ。当時学生だった彼女からのプレゼントだったけれど、適当な扱いだと感じて当然うれしくなかった。なんなら『何もないけど一緒にいる』くらいのことを言ってくれた方がまだよかった。」(22才/会社員)
 
「高級な洋菓子を箱ごと家に持ってきました。これはきっと、お歳暮でいただいたやつだろうなと。一緒に食べようと持ってきたので、いくつか食べたが、彼女からクリスマスプレゼントらしきものはもらえなかった。もしかして、と思ったけど聞いたらいけないと思い、謎のまま。」(23歳/公務員)
 
職場の人へのクリスマスプレゼントとしてなら最適ですが、彼氏へのクリスマスプレゼントとなると、「自分のことはそんなに好きじゃないのかな」と勘違いされるので、自分の魂が込められていないものはやめておきましょう。
 
ただしスイーツ好き男子の場合、ちょっと高級なスイーツをプレゼントすれば喜ばれるので、むしろいいかもしれませんが。
 

5位 つい「間違いない」と思う王道小物

 

ギリギリランクイン!の第5位には名刺入れと財布がお目見え。これもダメなのか!?では、私たちは何をプレゼントすればいいのか?と思いますよね。
 
ですが、男性の話を聞いてみると女性のリサーチ不足が原因のようです。
 
「名刺入れは何個もあっても使えないので、苦笑いみたいな表情を作ってしまった。できれば、現状の名刺入れがまだ使えることを確認してほしかった。」(33才/会社員)
「自分の三つ折り財布がボロボロになっていたので、大きめの二つ折り財布をプレゼントしてくれた。ポケットにお財布を入れるので目立つし使いにくく困った。」(23才/会社員)
 
これもよくクリスマスプレゼントとしておすすめ!と紹介されますが、使い勝手に好みがあったり、何個も持つアイテムではないので、よく話を聞いたうえでないと、せっかくのクリスマスプレゼントが台無しになってしまうかもしれません。
 
その他、トップ10には、アイドルグッズ、オルゴール、本、布団、抜け毛予防薬などが挙げられていました。これを見てもわかる通り今回の結果で分かったことは、かなり票が散らばっていたので、クリスマスプレゼントは彼が欲しいものをリサーチして渡すのがベストと言えそうです。
 

クリスマスプレゼントはちゃんとリサーチしてから渡そう!

 

彼女からクリスマスプレゼントを渡されること自体はうれしいですが、自分の趣味嗜好を無視したものや、彼女への反応や扱いに困るもの、自分に合った実利実益がないものなど、プレゼントそのものよりも「思われているか」のほうが重視されるようです。
 
モノにこだわったり、思いつかないからと適当になったりすると、むしろガッカリされます。それを避けるためにも、クリスマスプレゼントは相手のことをちゃんと考えて渡しましょう。
 
(網野新花/yummy!編集部)
 
■彼が本当に喜ぶクリスマスプレゼントの選び方
■「正直いらない…」女性がもらった迷惑プレゼントとその対処法3選
■寒いとカップルのケンカも増える! 冬ならではのケンカネタとは?

彼氏】の最新記事
  • 犬系男子or猫系男子! あなたと相性が合うのはどちらのタイプ?
  • 女性が主導権を握るのが正解だった!? 恋愛を長続きさせるコツ
  • なんでゴロゴロしていられるの!? 家事をしない彼氏への怒りの声
  • 彼氏のスマホは絶対見るべきじゃない! 知りたくなかった真実
  • 私は「本命彼女」なの?彼氏の本気度を測る方法4つ!
  • キュン♡惚れ直しちゃったじゃん!彼氏が急にイケメンに見える瞬間
  • 実年齢が同い年でも、精神的には年下!? 同い年の彼氏との上手な付き合い方
  • かまってちゃんすぎる彼氏……上手に付き合うには?