愛しているはずなのに、イラッとする言葉を彼氏に言われて、「なんでそんなことを言えるの?」「もう会いたくない!」と思ったことはありませんか?
 
誰だって、どんなに好きな人であったとしても、どうしても許せないことってありますよね。
そこで今回の記事では、筆者自身の実体験に基づいて「彼氏に言われてイラッとした言葉」について5つご紹介していきたいと思います。
 

「そんなお腹じゃ、プールや海にも行きたくないのが正直な気持ち」

 

筆者がまだ20代だったころ、下腹の出ている私に対して彼氏が、「そんなお腹じゃ、僕はプールや海にも行きたくない。だって、一緒にいたら恥ずかしいじゃないか。これが、僕の正直な気持ち」と、言い放ちました。
 
また別の日、彼氏はカラオケ屋で「今、横向いて」と言ってきました。ガラス製のドアに向かって下腹が見えるように立たされ、「そのお腹を見ても何とも思わないの? その神経を疑うよ……」と、揶揄され続けました。
 
さらに、「下腹が痩せたらブランドバッグを買ってあげるよ」とは言うものの、彼氏はそのころ弟家族の生活費まで払う、金銭j的に余裕のない男性でした。
 
その時、二度とお腹について文句を言う人とは付き合わないと心に決めました。

「正直、結婚しようと思ってなかった」

 

筆者が過去に交際した元彼に別れを告げると、「正直、僕は君と将来を考えたことはない。結婚しようとは思ってなかった」と言われました。
そもそも、まだ交際して半年しか経過してなかったのですが、嫌だったのはデートにケチで全てに割り勘だった点です。
 

「割り勘してくれるから交際した」

 

これも、上記で紹介した元彼から同じ日に言われたセリフです。
 
とにかくデートは全て割り勘の彼に言われたのは、「君と初デートした時、この子は割り勘するかどうかチェックしていた。そこで、君がちゃんと割り勘してくれる女性だったから交際しようと思った」というセリフでした。もう開いた口が塞がりませんでした。
 
彼氏はファミレスに行くにしても、50円単位できっちり割り勘しました。お金が足りなければ「あと○○円足りない!」と、催促してくるほど。
 
愛はお金じゃないという人もいますが、愛の深さはお金に出るのかもしれません。

「仕事に対する意欲がないのがダメだ」

 

ある日、元彼から1本の電話がかかってきました。内容は、自分に彼女ができたとの報告でした。
 
さらに、彼は「正直、彼女と君とは仕事に対する意欲が全然違う。彼女はエスティシャンの社長だけど、責任感が全然違うんだよ。君みたいに、ダラダラと仕事してる人とは違うなぁと思った。おまけに、彼女は美意識も高い。君とは全然違うなぁと思った」と、マウンティングを開始したのです。
 
なお、元彼のマウンティングはそれから2時間も続きました。彼女の写真も送られてきたのですが、明らかに派手派手のキャバ嬢のようなルックスの女性で、筆者とは全く違うタイプです。
 
正直、どう見ても比べようがないのです。一体、彼はなぜ彼女と比べようと思ったのでしょうか……。当時、筆者は会社員だったので、自営業で社長の彼女と比べると物足りなかったのかもしれませんが。
 

まとめ

 

彼氏に言われて腹が立つ言葉は、誰にでもあるかもしれません。ただ、みなそれぞれ思い出とともに少しずつ忘れていくのではないでしょうか?
 
しかし、嫌な言葉を言われた状態で別れると、いつまでも消えないものです。筆者自身も、今でも過去のトラウマとして残っている言葉も少なくありません。そこで、今回は記事にすることで過去に彼らから言われた言葉を浄化できたらいいなと思いました。
 
また、みなさんも過去に元彼からいわれたセリフ、今の彼氏から心無い言葉を浴びせられた時は、このように書き出してみてはいかがでしょうか? もしかすると、書いて読み返せばすっきりするかもしれませんよ。
 
(みくまゆたん/ライター)
 
■今更なに!? 元彼からのイラっとするLINE
■別れた後の彼の言動に共通点が! 元彼あるある
■彼氏に対する愛が一瞬で冷めるのはどんなとき?
 

彼氏】の最新記事
  • 束縛が激しい重たい彼氏。その行動と特徴とは?
  • ついついやってしまう……彼氏が彼女を怒る理由
  • 一緒に暮らすと幻滅? 同棲中に彼から嫌われないためのポイント4つ
  • 特別な存在になりたい! 好きな人に会いたいと思わせる方法3つ
  • LINEで胸キュン♡男性が癒やしを感じるLINEメッセージ3選
  • 彼氏に言われた「絶対に許せない言葉」BEST5
  • 意外と注意が必要! 彼氏との友達との付き合い方
  • 忙しい彼氏に絶対にやってはいけないNG行動!