縁があって付き合ったのなら、長く一緒にいたいですよね。
彼氏とどうすれば、長続きできるのでしょうか?

実はポイントさえ押さえれば、二人の関係が長続きしやすくなるのです。
尽くしすぎても、二人のためにはなりません。
今回は、彼氏と長続きするための心掛けをご紹介します。

「別れて」と言って駆け引きしない


交際期間が長くなると、二人の関係もマンネリ状態に感じることもありますよね。

あくまでも彼と別れる気がないなら、安易に「別れて」を口にしない方がいいでしょう。男性は、女性ほど水面下で駆け引きするという感覚がありません。

なので、きっと彼女から「別れて」と言われたら、そのままのメッセージを受け取ります。でも、彼女としては「別れて=あなたから追いかけてきてほしい」と伝えているときもあります。

本当に別れたいと思わない限り「別れて」は口にしないこと。彼の気を引こうとして伝えた一言が二人の永遠の別れを決定づける場合もあります。

お互いに行動を制限しない


お付き合いが始まると、問題になるのは異性の友人とどう付き合うかです。
彼としては自由に遊んでいたい、彼女はそう思っていない……。こうなると、どこまで歩み寄れるかが鍵となります。

基本的には、お互いに行動を制限しすぎないことが長続きの秘訣になります。

それぞれ異性の友人とも交流することで、かえって相手の良さを実感したりもします。ただし、自由に付き合いすぎてもトラブルに繋がりやすいため、二人の中でルールを決めておくといいでしょう。

例えば「二人きりでは会わない」「二人きりで会うときは必ず報告する」など、相手を傷つけないように最大限配慮することを忘れないようにしましょう。

付き合い立ての感覚を忘れない


長く付き合うとお互いが空気のように当たり前の存在になってしまいます。二人が空気のように当たり前の存在になってしまった結果、お互いに新鮮味を求めて別れを選ぶことも……。

マンネリという言葉では表現できない、複雑な問題も発生します。こういったマンネリを乗り越えていくためには、お互いに付き合い立ての感覚を忘れないことが大切です。

彼がいてくれるのは決して当たり前ではなく、ありがたい状態であることを忘れてはいけません。本当に彼を失うと、後悔します。

お互いに心から好きと思える人がいることを、いつまでも忘れないようにしましょう! マンネリを感じ始めたら、初デートの場所に行ったり、旅行へ行ったりとデートに工夫をするのもいいですね。

彼のと関係を長く続けるために


彼氏との恋を長続きさせるためには、気力・体力が必要です。
自分ではない他人と歩幅を合わせながら過ごすって、実はすごく大変なんです。

彼が側にいてくれることに感謝しつつ、今よりももっと二人で楽しい時間を過ごせるように話し合ってみましょう。

(山口恵理香/ライター)

■居心地のいい関係になるために恋愛期間を過ぎたらしたいこと
■慣れてしまった関係を付き合いたての頃のようにする方法
■何年たってもラブラブなカップルの共通点あるあるはこれ!

彼氏】の最新記事
  • 実は元カノと……男性が「彼女には知られたくないこと」あるある
  • エロい彼氏最高!彼氏はエロい男を選べ!
  • 男性が「今日はいつもよりかわいいいかも!」と思う彼女の“見た目”の変化って?
  • 好きな人のためならなんでもする男性が面倒!愛だと思って付き合い続けるべき?
  • 彼氏にときめく!男性の意外なギャップにドキドキした瞬間
  • 彼氏に対してヘラる瞬間|胎盤JD
  • 本当に好きなの? 愛を囁いてくれない彼氏に本音を言わせる方法4つ 
  • 信じられない!彼氏の言動に殺意を覚えた瞬間