彼氏に対して不満に感じる点があったら、注意をすることも必要でしょう。
 
ただ、その言い方や伝え方には気をつけないと、ふたりの関係性そのものがおかしくなってしまうかも。
 
そこで今回は、彼氏に「注意をするとき」の心得を紹介します。
 

「タイミング」をはかる

 

「仕事で忙しいときにゴチャゴチャ言われると本当に腹が立ちます。今じゃなくてもいいだろって、言い返しちゃいますね」(20代・男性・アパレル)
 
注意をするのなら、そもそも相手が聞ける状態であるときじゃないと意味がありません。
 
忙しくて余裕がないときや、大変な状況のとき、イライラしているときなどに言っても、ただ鬱陶しく思われるだけ。
 
タイミングによって相手の捉え方や反応は大きく変わってくるので、そこは見誤らないようにしてくださいね。

できるだけ「明確に伝える」

 

「『結局のところ、何が言いたいんだよ』って感じると、もう聞いてられなくなる。ちゃんと話を整理してから出直してほしいって思ってしまう」(30代・男性・IT)
 
注意をしたり、不満を訴えたりするときには、なるべくわかりやすい言い方にするべきでしょう。
 
回りくどかったりまとまりがなかったりすると、相手にはイライラされてしまうはず。
 
どうしてほしいのかを端的に伝えるようにしないと、変に関係性を悪化させることにもなりかねないですよ。
 

「怒り」に任せない

 

「怒りをぶちまけるような感じになると、絶対に喧嘩になっちゃいます。なので、そこはグッと我慢して、冷静に注意するようにしています」(20代・女性・不動産)
 
注意をしようと思うのは、相手に嫌な気持ちにさせられたときが多いでしょう。
 
だからといって、怒りをぶつけるような言い方をすると、そのまま言い争いに発展してしまう危険性が大。
 
下手に感情は乗せずに、一旦気持ちを落ち着かせてから注意をするようにしないと、きちんとした話し合いはできないですよ。

「全否定」はしない

 

「相手のことを完全に否定してしまうのはダメかなって思います。いくらなんでも、そこまでしちゃうと、すべてが終わってしまう場合もありますね」(30代・女性・広告代理店)
 
注意をするからといって、なんでもかんでもすべてを否定していいわけではありません。
 
特に、相手の人間性そのものを否定するようなことを言ったら、ふたりの関係にヒビが入ってしまうかも。
 
できれば否定的なニュアンスではなく、「こうしてもらえるとうれしい」といった伝え方ができるとベストでしょう。
 

さいごに

 

交際をしていくうえで、お互いに改善してほしい部分を伝え合うのは大事なことです。
 
注意すべきところは上手に注意をしていけると、きっといつまでもいい関係性でいられるでしょう。
 
(山田周平/ライター)
 
■彼氏が喜ぶハグとは?
■ゲーム実況の動画ばかり見る彼氏に向けた”効く”メッセージ
■働かない彼氏に仕事をさせるにはどうすれば?

彼氏】の最新記事
  • 喧嘩にならないように…彼氏に「注意をするとき」の心得
  • 身勝手で聞き分けのない彼氏が急に素直になる瞬間とは?
  • テレワークが増えた今…「おうちデート」での彼氏とのマンネリ解消術
  • 恋愛ボッタクリ事件|これが愛情を利用する卑怯者のやり口だ!【2/2】
  • 恋愛ボッタクリ事件簿|これが愛を利用する卑怯者のやり口だ!【1/2】
  • 普段会えないのに彼から連絡がこないのはなぜ?
  • あなたをふった元カレと友達になってはいけない4つの理由
  • 彼のファッションがダサい…おしゃれさんに育てるには?