意地を張ってしまうと、なかなかその状態から抜け出せなくなったりもするものです。
 
そんなことが多くなると、関係性自体がおかしくもなりかねないので、気をつけるべきことでもあります。
 
そこで今回は、男性がつい「意地を張ってしまう」瞬間について紹介します。
 

「小バカ」にされたとき

 

「『それじゃ、うまくいくわけないじゃん』って馬鹿にした感じで言われて、こっちも思わずムキになって言い返しちゃったことはありますね」(20代・男性・美容師)
 
女性からちょっと上から目線な感じで批判や否定をされると、男性は瞬間的にイライラっとするもの。
たとえアドバイスのつもりで言っていたとしても、言い方次第では、嫌な気分にさせることになるだけです。
男性はプライドが高い人が多いので、そこを傷つける行為をすると、敵対心を持たれてしまいますよ。

「正論」で責められたとき

 

「ものすごい正論で言い詰められると、言い返すこともできなくなり、変な意地を張ることになっちゃいます」(30代・男性・メーカー)
 
ケンカになったときなどに、これでもかと正論でねじ伏せたりするのは、あまりオススメできる行為ではありません。
男性としてもそこまでされたら素直に謝る気になれず、思わず意地を張って、ふたりの関係性はどんどん悪化していくだけ。
ケンカは勝ち負けを争うのではなく、お互いが歩み寄るための話し合いにしていかないと、本当に決裂してしまうことになりますよ。
 

「冷静さ」がなくなったとき

 

「怒っているときには、どうしても冷静さが失われるので、いつまでも意地を張ってムスッとしてしまったりもする」(30代・男性・システムエンジニア)
 
カッとなって冷静さがなくなっているときには、自分でも抑えきれずに意地だって張ってしまうもの。
そんな状態のときに、下手に刺激をしたり、指摘をしたりするのは、火に油を注ぐことになるだけです。
一度時間を置いてクールダウンをして冷静さを取り戻したら、またちゃんと話し合いができるようにもなるでしょう。

引くに「引けなくなった」とき

 

「大見得をきってしまった手前、もうどうすることもできなくなったときには、カッコ悪くても意地でもそれを突き通すしかないです」(20代・男性・営業)
 
自分が間違っていた場合でも、偉そうに言っていたのなら、それを認めることができなくなることもあります。
そうすると、引くに引けなくなるので、無理にでも意地を張って突っぱねようとするのかも。
あとからちゃんと謝罪してくれるのならいいですが、いつもそうやって突っぱねるような男性なら、あまり深入りはしないほうがいいでしょうね。
 

さいごに

 

もしも男性が意地を張っている状態になったときには、そっとして置くのも大事です。時間が経てば落ち着くでしょうし、自分の取った行動に反省だってしてくれるはずですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■知らない間に一撃!?彼女の何気ない行動で男性のプライドが傷つく瞬間
■なぞの上から目線や勝手な思い込み…こんな勘違い男には要注意!
■男性が女性から求められるとイラっとする「男らしさ」
 

彼氏】の最新記事
  • 「恋愛センスがない男性」と付き合って苦労したエピソード9選
  • 気遣いの鬼、無神経な天使――一緒にいてパワーを吸われる「疲れる彼氏」とうまくやるには?
  • 恋愛感情が一気に吹っ飛ぶ、酒癖が悪い彼氏の迷惑エピソード
  • わがままを許してくれる彼氏の我慢の臨界点とは?
  • 普段はおっとりしているのに、地元に帰ると急に民度が低くなる彼氏の本当の性格とは?
  • 彼氏への依存を今すぐやめるべき4つの理由
  • 「チルい」にこだわりすぎて、怠惰になった彼氏に現実を直視させる方法とは?
  • 別れの危機!? 彼氏からのLINEで無視してはいけない内容とは?