人は恋に落ちると好きな相手のすることに寛容になりがち。
「わたしの彼氏はなんでも許してくれる」そんな女性もいるでしょう。
 
しかし、どんなにわがままを許してくれる彼氏でも、気持ちが冷める臨界点があるもの。
今回は寛容な彼氏でも許せない行動を紹介します。
 

彼氏以外の男性と一線を超えた

 

恋人が自分以外の異性と仲良くしているのが嫌だと考える人は多いでしょう。
 
心の底から愛している恋人であれば当然ですし、「とりあえず付き合っている」くらいの関係性でも自分を差し置いて異性の友達を優先されるとおもしろくないもの。
 
しかし、わがままを許してくれる彼氏の中には、「あなたと付き合っていても、男友達とはいままで通り遊ぶ」という彼女の宣言を受け入れるケースもあります。
 
本音では「自分以外の男と仲良くしないでほしい」「間違いが起こらないか心配……」そんな気持ちがありながらも、「束縛しすぎて嫌われたくない」「寛大なところを見せたい」などの心理から許してしまうのです。
 
しかし、それは彼氏にとって、ギリギリの妥協。
 
「ふたりきりでお酒を飲んでいる」なんて状況は不安でいっぱいなもの。
 
それでも彼女に嫌われたくない気持ちや、信じたい気持ちで許しているのです。
 
その信頼を裏切って、男友達と一線を超えてしまったら、優しい彼氏でも臨界点を超えてしまいます。
「嫌だとハッキリ言えばよかった」「信じていたのに裏切られた」と関係は破綻してしまうでしょう。

彼氏の趣味や仕事をバカにした

 

好きな人の行動や言動はたとえそれが失礼なことでも意外と許せてしまうもの。
「まったく、しょうがないなぁ」と苦笑しながら、受け流してしまいます。
 
愛する人は、かけがえのない特別な人。
どうしても対応は甘くなってしまうのです。
 
しかし、それにも限度があります。
 
熱中している趣味や、一生懸命に取り組んでいる仕事などに対して、バカにするような発言や、ないがしろにするような行動をすると、彼氏の気持ちの臨界点を超える場合があるでしょう。
 
彼氏の趣味に対して「こんなことが楽しいなんて幼稚なんじゃないの」とか、「そんな給料の低い仕事辞めれば」のような発言をするのはNGです。
 
どんなにわがままを許してくれる優しい彼氏でも、自分の打ち込んでいることを踏みにじるような発言は許せないもの。
 
「価値観が完全に違う人」「人のプライドを軽視する人」と認識されてしまうでしょう。
ほどなく別れを告げられても不思議ではありません。
 

家族や友達をけなされた

 

大好きな彼女は彼氏にとって大切な存在です。
そんな彼女をけなすような相手を彼氏は許さないでしょう。
 
それと同じように、彼氏にとって家族や親友は大切な存在です。
誰にだって悪く言われたくないもの。
 
いくら彼女でも、彼氏の家族や友達をけなすような発言は慎みましょう。
 
「あなたのご両親って、冷たくて感じ悪い」
「友達の誰それくんって、下品で頭悪そう」
 
たとえそれが本当のことでも、安易に口にすべきではありません。
 
そんな発言を聞かされると彼氏は「大切な人をけなされた」と感じて、彼女に対する気持ちが冷めてしまいます。
 
もし家族や友達に不満があって、それを伝えるにしても、オブラートに包んでソフトに伝える配慮が必要です。

まとめ

 

どんなに何でも許してくれる優しい彼氏でも、臨界点があります。
 
その臨界点を超えるような発言や行動をしてしまうと、彼氏の愛情は冷めて、破局へと至ってしまうでしょう。
 
どんなに自分のわがままを許してくれるからといっても、彼氏に対する思いやりは忘れないようにしましょう。
 
(大船くじら/ライター)
 
■わがままは言ったほうがいい? いつまでもラブラブ♡「円満カップル」の掟8つ!
■ワガママで女王様気質に向いてる?年下彼氏向きな女性の特徴
■「甘え上手」と「わがまま」な女性。両者の根本的な違いとは?

彼氏】の最新記事
  • 気遣いの鬼、無神経な天使――一緒にいてパワーを吸われる「疲れる彼氏」とうまくやるには?
  • 恋愛感情が一気に吹っ飛ぶ、酒癖が悪い彼氏の迷惑エピソード
  • わがままを許してくれる彼氏の我慢の臨界点とは?
  • 普段はおっとりしているのに、地元に帰ると急に民度が低くなる彼氏の本当の性格とは?
  • 彼氏への依存を今すぐやめるべき4つの理由
  • 「チルい」にこだわりすぎて、怠惰になった彼氏に現実を直視させる方法とは?
  • 別れの危機!? 彼氏からのLINEで無視してはいけない内容とは?
  • フツウの彼氏の「神回」なのに「神彼氏」という幻想にご注意ください!