「ヴィラン」とは、わかりやすく言えば、アニメや映画、小説などの中で、主人公の敵役、悪役として活躍するキャラクターのことを指します。
物語の中では、ヴィランを主人公として描くものもありますね。
 
ヴィランにも信念があり、思いを貫き通した結果が悪につながってしまうような、ヴィランが悪に染まってしまう背景も描かれていたり、感情移入して応援するファンもいたりします。
 
私達の現実社会でも、周囲への悪影響などを考えず軋轢を生みながらも、自分の信じた道を貫く人は、周りから見ればヴィランかもしれません。
 
「これはまずいのではないか……」と思いつつも、恋人として応援し続けるべきか迷ってしまうこともあるでしょう。
 
もしかすれば、仕事で成功を収めれば恋人や家庭にとっては良いかもしれないという考えがよぎってしまうかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。
 
応援し続けることのメリットはあるのかという観点から、経験談を伺いました。
 

1:メリットはない派の意見

 

悪いものを多く引きつけてしまう

 

「応援し続けるメリットは短期的にはあるかもしれません。応援したことによって何か実入りはあるかもしれません。だけど所詮はヴィランなんですよ。デメリットが大きすぎます。悪いものを応援する、悪いものに近づくと、他の悪いいろいろな物を引き付けることになってしまいます。負のオーラもまとってしまうことでしょう。だから絶対に応援してはいけないし、近づいてはいけないと私は思いますね。時に悪は楽です。だけど長期的なことを考えて応援することはやめましょう」(47歳・女性)
 

いずれ自分にも返ってくる態度

 

「恋人がヴィランのような人だと客観的にはわかっていても、好きだという気持ちは反比例するものです。過去に2度、ヴィランのような人と付き合ったことがあり、当時は『私だけでも彼を応援してあげないと』と母性本能のような気持ちでいましたが、結局、周りとの関係を自分まで悪くしてしまうし、悩みが増えて自分自身がしんどくなり別れました。別れた後に思ったのは、ヴィランのような恋人を応援し続けても自分にメリットはないということ。人への態度はいずれ自分に返ってきます。亭主関白になるとか、攻撃的になるとか、自分を利用するようになるとか。もっと早く別れるべきだったと後悔しています」(32歳・女性)

2:メリットがある派の意見

 

自分が応援したいと思うなら大丈夫では?

 

「私も似たようなことがありましたが、ふとした時にこのまま応援していてもいいのかな?と自分自身にも疑問を持つようになりました。応援って自分の心が『この人のことを応援したい』と自然に感じる時にするものだと思います。それに、ふとした時に疑問に感じる感覚って、直感が冴えている時だと思うので、純粋に応援ができるならそのままで、疑問に感じたらそこで止めるべきなのかなと思います。とは言え、ヴィランの程度によっては線引きをしっかりしておきたいですね」(27歳・女性)
 

家庭を持てば変わるかも

 

「よく見極めることが大事だという前提はあります。でも、仕事を頑張るせいで周りに敵視されているとか、厳しい経営をしているとか、タイプによっては応援しても良いことがあると思うんです。例え、付き合っている現在、応援するメリットがなくて悩んでいても、『生涯つきそう相手にしかお金をかけない』などのポリシーを持っていることがあるので、家庭を持ったら変わるとか、子どもを持ったら変わるとかはあります」(29歳・女性)

まとめ

 

「ヴィランのような人でも応援し続ける」というのは、なかなか難しいことのようです。一度きりの人生ですから、自分がどのように立ち振る舞っていくのか、一度よく考えてみても良いかもしれませんね。
 
(神崎なつめ/ライター)
 
■信じられない……彼氏の過去がヤバかった件について
■「まさか……私の恋愛観って、ズレてる?」彼氏に求めてはいけない条件4選
■イケメンだけど性格に難あり、性格はいいのにどんくさい――交際してから判明した残念彼氏エピソード

彼氏】の最新記事
  • 気遣いの鬼、無神経な天使――一緒にいてパワーを吸われる「疲れる彼氏」とうまくやるには?
  • 恋愛感情が一気に吹っ飛ぶ、酒癖が悪い彼氏の迷惑エピソード
  • わがままを許してくれる彼氏の我慢の臨界点とは?
  • 普段はおっとりしているのに、地元に帰ると急に民度が低くなる彼氏の本当の性格とは?
  • 彼氏への依存を今すぐやめるべき4つの理由
  • 「チルい」にこだわりすぎて、怠惰になった彼氏に現実を直視させる方法とは?
  • 別れの危機!? 彼氏からのLINEで無視してはいけない内容とは?
  • フツウの彼氏の「神回」なのに「神彼氏」という幻想にご注意ください!