ファッションやメークにも気を配っているし、愛想だって悪くない。それなのに、どうして私には彼氏ができないの? こんなときは、もしかしたら知らず知らずのうちに、男性が引いてしまうような言動をしてしまっているのかもしれません。いくつかの事例を挙げて説明します。

 

ほんの少しの言動の違いが恋の明暗を分ける

 

■下ネタを口にする

女性同士ではワッと盛り上がる下ネタも、相手が男性となるとそうはいきません。別に、男性が女性に対して過剰な幻想を抱いているというわけではありませんが、やはり女性にはあまり下品なことを口に出してほしくないという本音があるのです。そのため、女性同士、男性同士ならウケるようなネタでも「全然笑えない」「どんな顔して聞けばいいのか分からない」と、ただただ困らせる結果になってしまいます。
また、職場の宴会などで男性から下ネタをふられたときも、ノリノリで受け答えするのはやめましょう。男性陣は、酔っぱらっているようでちゃんと聞いています。場を盛り上げるならもっと別の方法で!

■ネガティブなオーラが漂っている

愚痴や悪口が多い。嫌なことがあってもスルーできない。男性に対してガードが固すぎる。このような雰囲気の暗い女性はまずモテません。ささいなことでいちいち落ち込まれると慰めるだけで疲れてしまうし、せっかく一緒にいるのに話題が他人の悪口や愚痴ばかりでは楽しめません。また、必要以上にガードが固すぎるのも「お高くとまってる」「信用されてないみたいで悲しくなる」と敬遠される原因になります。
せめて、人前では前向きに明るく振る舞ってみましょう。ポジティブなオーラは人を気持ちよくさせ、すてきな男性がどんどん集まってきます。

■プライベートがダダ漏れ

男性は、私生活がのぞけそうでのぞけないミステリアスな女性に引かれます。「この女性のことをもっと知りたい」と思う気持ちが恋心に火を付けるのです。逆に、何を聞かれてもバカ正直に答えてしまう女性は興味すら持ってもらえません。なぜなら、そこでもう追いかける楽しみがなくなってしまうからです。「休日は何をしてるの?」と聞かれたら「ウフフ、内緒」と答えるなど、男性の気持ちをうまくはぐらかして狩猟本能を目覚めさせる工夫も必要です。

男女平等が叫ばれ、女性の力が強くなってきたとはいっても、男性が女性に求めるものは昔から変わりません。三つ指ついて……なんていうのは必要ありませんが、やはり女性らしく、思いやりがあり、どこまでも追いかけたくなるような神秘性は持ち続けたいところ。ほんの少しの言動の違いが恋の明暗を分けるのですから、男性心理をよく知り、モテ女になれる努力をしましょう。

 

関連コラム

 

終わりにしたい…」そう思っていた女性の不倫成功体験談
復縁、不倫、略奪婚…ツラい複雑恋愛から脱却する唯一の方法
別れた恋人とのまさかの復縁体験談!!
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by SimonaR

彼氏】の最新記事
  • 彼はあなたのこんなところを少し気にしています
  • 悪用厳禁!マインドコントロールで彼氏の浮気を防止する方法
  • 男性が絶対ムラムラする!「女性のエロかわ仕草」3選
  • 好き…でも「ウッ!」一瞬引いちゃう彼の○○への対応方法4選
  • セクシーな下着は無意味!?彼が本能で愛してくれる意外な方法
  • 憧れる?それとも犯罪?年下彼氏との年齢差の限界が調査で判明!
  • スマホを手元に置くと彼氏への関心が薄れることが判明!
  • 私で何人目!?彼氏の経験人数をさりげなく聞く方法