公開日:2013年7月3日
更新日:2018年10月3日


どんなに仲のいいカップルでも「ここを直してほしいな」と思うことの一つや二つあるもの。
でも頭ごなしに否定しては逆効果、絶対に直りません。
 
とある心理学を応用して「こうなってほしい」と言えば、みるみるうちに彼の欠点がなおることをご存知でしょうか?
ぜひ彼に試して、欠点を克服してもらい、よりよい関係を作りましょう。

 

恋愛に効く心理学「ピグマリオン効果」

 

アメリカの教育心理学者ロバート・ローゼンタールが1964年に行った実験で、興味深い現象が発見されました。
 
それは「人間は期待されると期待どおりの結果を生む」という現象で『ピグマリオン効果』と呼ばれています。
教育心理学における心理行動の一つとして挙げられているものですが、実はこの現象を応用すれば、彼氏を自分の思い通りにコントロールすることも可能なんです!
 
ピグマリオン効果の応用は、いたって簡単。
彼氏が気に入らないことをしてもカッとなって反発するのではなく、つねに彼氏をほめてあげることです。そして「こうなってほしい」と期待をかけ、愛し続けるのです。
すると不思議なことに、いつしか彼氏はあなたの期待通りの男に変貌をとげる、という仕組み。
 
では実際に、ピグマリオン効果を応用して彼氏の行動をコントロールした2人の女性をご紹介します。
 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • 都合がいいけれど…要注意な貢ぐ男性の本心とは?
  • モラハラ男に異性の友達がいない理由を考察してみた
  • 彼氏として適任? 恋人候補がいい人かどうか見極める方法
  • 独占欲がありすぎるのも迷惑! 重たい彼氏の特徴
  • うまく扱えば女性もラクになる!彼の自尊心を高める簡単な方法とは?
  • 彼氏の独占欲を満たす3つの方法
  • 「玉の輿」は自分で作る!? 彼氏を稼ぐ男に変える方法
  • 性欲・物欲・名誉欲…何欲が強いかは、恋人選びの指針になる