男らしさの象徴のような胸毛も、それが苦手な女子にしてみれば嫌悪の対象でしかありません。特に最近は、女子以上に見た目に気を使う草食系男子も増えており、自然のままというのが受け入れられにくくなっています。

 

でも「ここがイヤだな」と思っても、傷つけるのが怖くてなかなか言い出せませんよね。
そこで今回は、彼を傷つけず、さりげなく気持ちを伝える方法をまとめてみました。

 

相手を思いやる気持ちが大切

 

■「私が」ではなく「あなたが」という言い方をする

 

人に何かをしてほしいときは「私がこうしてほしいの」と言うより「こうするとあなたが助かるから、やってみたほうがいいんじゃない?」というように、相手を主役にした言い方をすると、受け入れやすくなります。

例えば、彼のひげが気になるのなら「ひげそったら?」ではなく「あなたのひげ、とっても似合っててかっこいい。でも、会社に行くのにひげが生えているのはあまりよくないんじゃないかなぁ」と、あくまでも彼の立場を心配して言っているのだと強調しましょう。

 

■他の人を例に出して、さりげなく気付いてもらう

 

彼の体臭がきつくて、なんとかしてほしいというときは「うちの職場に臭う人がいて、みんな迷惑してるの。自分ではなかなか気付かないっていうし、ハッキリ指摘するのも悪いでしょ。どうしたらいいと思う?」というように、第三者を例に出して語ることで、彼に「そういえば、俺って大丈夫かな?」と考えてもらう方法もあります。

遠まわしに責めていると気付かれないよう、さりげない口調を装うのがコツです。

 

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • 性欲・物欲・名誉欲…何欲が強いかは、恋人選びの指針になる
  • 他言無用!夏が終わる前に彼氏をゲットする禁断の方法
  • もし彼氏が風俗通いしていたら許せる?
  • イケメンなのに残念!100点のイケメン、0点の男子
  • あなたをふった元カレと友達になってはいけない4つの理由
  • 一人エッチのときに男性が“オカズ”にする知人、意外な結果!
  • 思わず胸キュン! 男性が癒やしを感じるLINE 3選
  • メンヘラは女だけじゃない!メンヘラ男子の見抜き方